土江さんのワークショップを楽しんだ方も多いと思います。

ぼくはフォーカシングエンカウンターがやや消化不良気味でした。

今一度見直してみようかと思っています(この言い方では、きっと見直さないでしょう)。

さて6月は、ライラックまつりなどもあり、「リラ冷え」などというように若干冷え込んだりするのかな?

今月のお題はぐっと絞り込んで次の通りです(え?絞ってない?まぁそれだけ多いんです)

 

苔の花・魚梁(やな)・鰻・鯰・濁り鮒・蟹(磯蟹、山蟹、川蟹、沢蟹)・

蝸牛蛞蝓・蚯蚓・蝦蟇・雨蛙・河鹿・さくらんぼ・ゆすらうめ・李・杏・実梅(青梅)紫蘇・辣韮・

玉葱・枇杷・早苗・代掻く・代田・田植・早乙女・植田・火取虫アマリリス・ ジギタリス・ベゴニア・ 

蛍(源氏蛍、平家蛍、初蛍、蛍火・蛍合戦)蛍狩・(螢見、螢舟) ・螢籠・蛭・田亀・源五郎・

あめんぼう・目高・浮草水草の花・藻の花・藻刈・手長蝦・田草取・草取・夏の川・

鮎(鮎釣り、鮎狩、鮎掛・鮎の宿・鵜飼〔鵜舟、鵜飼火、鵜篝、 鵜匠)・川狩(網打)・夜釣・

夜焚釣堀・鰺・いさき・べら・虎魚・鯒・黒鯛(茅海、ちぬ釣)・鰹(鰹舟、鰹釣)生節・青蘆・

青すすき・葭切・翡翠・雪加・糸蜻蛉・蠅・蠅除・蠅叩・蜘蛛蜘蛛の囲(蜘蛛の巣)・ゲジゲジ・ 油虫・

守宮・蟻・羽蟻・蟻地獄・蛆・ぼうふら蚊(蚊の声、蚊柱、泣く蚊)・蚤・蚊帳・

蚊遣火(蚊遣、蚊火、蚊取線香)蝙蝠・青桐・葉柳・南風(みなみ、大南風、南吹く、はえ)・

青嵐・風薫(薫風)白夜・夏至・時鳥・閑古鳥

それじゃあLet's俳句'ing!

 

 

5月です。連休も終わりましたが、順調に暖かくもならず、天候が安定しません。

強風吹きすさぶ日あり、冷たい雨が降る日あり、やけに温(ぬく)い日ありなどなど。

全体としては温暖化傾向が続いているといいますが、この夏の長期予報は

平年をやや下回る気温だそうですね。

まぁ自然に包まれて生きているのですから、逆らっても仕様がないか。

では今月もLet's俳句ing!

 

夏、メーデー、憲法記念日、子供の日、立夏、五月、卯月、牡丹、更衣(ころもがえ)、袷、葉桜、

端午、菖蒲、武者人形、幟、吹流し、鯉幟、矢車、粽、柏餅、菖蒲湯、 薬の日、薬玉、新茶、

風呂、夏めく、薄暑、セル、母の日、 夏場所、夏炉、葵祭、祭、安居、 夏花、夏書き、新樹、

新緑、若葉、夏蕨、筍、筍飯、蕗、蚕豆(そらまめ)、豌豆(えんどう)、豆飯、芍薬、 踊子草、駒繋、

羊蹄の花(ぎしぎしのはな)、擬宝珠、げんのしょうこ、 朴の花、アカシアの花、薔薇、卯の花、

海酸漿、穴子、鱚、鯖、飛魚、烏賊、山女、綿蒔、菜種刈、麦、麦の秋、麦刈、麦扱

いわゆる年度代わり。

会社では新年度、学校では新学期。

我が家の浪人娘も、何とか進学しました。

それにしても今日は、「春は名のみの風の寒さや」です。

昼間でも、コートなしでは冷える一方、手をすり合わせながら歩くありさま。

さてお題です。かなり数を絞ってみました。

 

春の空、麗か、長閑(のどか)、入学、山葵(ワサビ)、春大根、草餅、蕨餅、鶯餅、桜餅、

朧月、朧、柳、花、桜、花見、桜漬、花見虱、桜鰄、桜鯛、花烏賊、螢烏賊、春の海、

海雲(もづく)、海、甘茶、花祭、虚子忌(4月8日)、嵯峨念仏、春風、 風車、風船、運動会、遠足、

朝寝、春眠、蠅生る、巣立、雀の子、子猫、八十八夜、髢草、蛙、躑躅(つつじ)、若緑、緑摘む

それでは今月もLet's俳句ing!


 3月、何かと変わりどきです。

卒業、入学(試験)、年度、引っ越し・・・

季語も多く、とりわけ植物の名前が大きな割合を占めているようです。


水草生ふ、涅槃、雪の果、鳥帰る草の芽、苗床、花種蒔く、鶏頭蒔く、夕顔蒔く、

糸瓜蒔く(へちままく)、胡瓜蒔く、南瓜蒔く、茄子蒔く、木の芽、芽柳、

接骨木の芽(にはどこのめ)、楓の芽、桑の芽、薔薇の芽、蔦の芽山椒の芽、田楽、木の芽和

他にもたくさんありますが、「蒔く」とか「芽」

 

それでは今月もLet's俳句'ing!

 

 

 

 

 寒い日が続きます。

体調を崩さないようご注意を。

2月は俳句ですともう春ですが、われらが北海道はとんでもない、冬の盛りですよね。

とはいえ季語は季語。いつもより数は多くありませんが、厳選(?)して次のようにしてみました。

 

 

立春、寒明、初春、春浅し、睦月、旧正月、ニの替、絵踏、初午、針供養、沍返る(いてかえる)、

冴返る、春寒、 春の風邪、春時雨、猫の恋、白魚、公魚(わかさぎ)、鰔(さより)、木の実植う、

猫柳、片栗の花、雛菊、春菊、菠薐草(ほうれんそう)、蕗の薹(ふきのとう)、水菜、 海苔、梅、

若布(わかめ)、バレンタイン

それでは今月もLet's 俳句ing!

 

 みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

2010年寅、どのような抱負をお持ちでしょうか。

ぼくは今のところ何にも考えていません。

そろそろ考えようかなと思いました。

そのためにも俳句でしょう。今月は季語が豊富です。とは言え、松も取れましたので・・・

 

鳥総松、松過、小豆粥、 成人の日、薮入、凍る、冴ゆる、皸、霜焼、霰、風花、

雪起し、雪、雪見、雪掻、雪卸、雪踏、雪まろげ、 雪合戦、雪礫、雪達磨、竹馬、

スキー、雪車、雪沓、かんじき、しまき、凍死、雪眼、雪女郎、雪折、雪晴、 氷、

氷柱、氷柱、採氷、砕氷船、氷下魚、スケート、避寒、寒月、寒の雨、薮柑子、

青木の実、寒牡丹、 葉牡丹、寒菊、水仙、冬薔薇(ふゆさうび)、冬の草、竜の玉 、

寒竹の子、冬苺、麦の芽、寒肥、初大師、 大寒、厳寒、初天神、日脚伸びる、

早梅、臘梅(らふばい)、寒梅、探梅、冬桜、寒椿、侘助、寒木瓜、室咲、 春待つ、

春隣、節分、柊挿す、追儺(ついな:なやらひ、鬼やらひという)、豆撒、厄落、厄払

 

 こんなところでいかがでしょう。

ではLet's 俳句'ing!

 

 

 

 

 今年も残すところわずかとなりました。

年齢を重ねるたびに段々時の経過が速まっているように思えますが、

みなさんはどうでしょうか?

今月のお題です。例月よりずいぶんたくさんありますが、絞りに絞って・・・

 

冬の朝、冬の空、鴨、寒さ、 冷たし、息白し、冬枯、霜枯、冬ざれ、枯草、

雑炊、葱、納豆汁、寄鍋、鍋焼、 おでん、湯豆腐、蕎麦掻、蕎麦湯、葛湯、

熱燗、玉子酒、鱈、鰤、屏風、障子、炭、ストーヴ、スチーム、炬燵、湯ざめ、

風邪、咳、ちゃんちゃんこ、手袋、毛糸編む、雪囲、雪吊、水、クリスマス、

極月、煤払、餅、大晦日、晦日蕎麦、年越、年取、年守る、除夜、 除夜の鐘

 

では2009年最後の、Let's 俳句’ing!

 

 

 

一挙に冷え込んだかと思いきや、また少し緩んでほぼ平年並みの経過となりそうですが、

一寸先は分かりません。それでも季節は巡ります。

今月もあまり多くないので、ほとんど選択していません。

ぼくには意味すら分からないものも少なくないですが、

まぁ気にすることはありませんね。

では霜月もLet's 俳句ing!

 

冬、初冬、神無月、神の旅、神送、神渡、神の留守、初霜、冬めく、炉開、

口切、亥の子、御取越、達磨忌、十夜、酉の市、熊手、箕祭、

茶の花、山茶花、柊の花、八手の花、芭蕉忌、鉢叩、冬安居、七五三、帯解、袴著、 髪置、

新海苔、棕櫚剥ぐ、蕎麦刈、麦蒔、大根、大根引、大根洗ふ、大根干す、切干、 浅漬、

沢庵漬く、茎漬、酢茎、蒟蒻掘る、蓮根掘る、泥鰌掘る、

小春、冬日和、冬暖、冬耕、青写真、帰り花、冬紅葉、紅葉散る、落葉、銀杏落葉、

柿落葉、枯葉、木の葉、木の葉髪、凩、時雨、冬構、北窓塞ぐ、目貼、風除、お火焚、

勤労感謝の日、神農祭、報恩講、網代、柴漬、竹瓮、神迎、大綿

 あ~、あぶないあぶない、またしても忘れるところでした。

珍しく忙しかったせいでしょうか。

先週土日と葬儀がありました。父のおば(大叔母)が享年96で。

その姉が102歳、次の弟が97歳でしたので、兄弟の中では比較的「短命」と

言って良いのでしょうかねぇ???

さて10月は、年間でもっとも季語が少ないのだそうです。

それではLet's 俳句’ing!

十月、長月、秋の日、秋晴、秋高し、馬肥ゆる、秋の空、秋の雲、秋の山、秋の野、秋風、秋の声、

秋の暮、秋の雨、初紅葉、薄紅葉、桜紅葉、茸、初茸、湿地、松茸、椎茸、松茸飯、新米、新酒、

濁酒、稲、蝗、ばつた、稲雀、案山子、鳴子、鳥威、落し水、秋の川、渡り鳥、小鳥、鵯、百舌鳥、

鶉、 懸巣、椋鳥、鶫、頬白、眼白、山雀、四十雀、鶺鴒、啄木鳥、木の実、桃、林檎、石榴、梨、

柿、吊し柿、 無花果、葡萄、通草、椿の実、山梔子、杉の実、山椒の実、

烏瓜、数珠玉、秋祭、菊、菊人形、野菊、 温め酒、後の月、砧、やや寒、うそ寒、肌寒、朝寒、

夜寒、べったら市、落花生、蕎麦、葦、荻、 火祭、木の実落つ、樫の実、栗、栗飯、団栗、胡桃、

銀杏、稲刈、稲架、樅、秋時雨、露霜、冬支度、 蜜柑、橙、金柑、柚、秋深し、冬近し、紅葉、

紅葉狩、柿紅葉、銀杏紅葉、蔦、蔦紅葉、草紅葉、鹿、猪、行秋、暮の秋、秋惜

月替わりでの更新第一回は、あやうく忘れるところでしたが、何とかことなきを得たようです。

※これで篠原さんに叱られずに澄みそうです(笑)

九月の季語もそう多くはありませんので、ほとんど出しておきましょう。

 

葉月、仲秋、八朔、二百十日、颱風、野分、初月、二日月、三日月(新月)、 夕月夜、秋の夜、

夜長(長き夜)、夜学、夜業、 夜なべ(夜仕事)、夜食、としよりの日、花野、秋草、七草(秋の七草)、

すすき、撫子、くつわむし、蚯蚓鳴く、螻蛄鳴く、地虫鳴く、蓑虫、芋虫、初潮、月、名月、月見、無月、

雨月、枝豆、芋、十六夜、子規忌、霧、蜻蛉、うすばかげろふ、蜻蛉、秋の蝶、秋の蚊、 秋扇、

秋団扇、秋彼岸、曼珠沙華、鶏頭、 二十三夜、秋の海、秋鯖、秋刀魚、秋茄子、鰯、鰯雲、鮭、

鯊、鯊釣、鰍、竹の春、草の花、 蘭、コスモス、露草、蕎麦の花、糸瓜、秋の水、紫蘇の実、生姜、

菜虫、 胡麻、玉蜀黍、黍、爽やか、冷やか、水澄む、

では~Let's 俳句’ing(なんとなく秋の色)!

タグクラウド