「夢」「漢字」るフォーカシング(ZOOMによるワークショップ)

 ~自分の夢や願い・他者とつながる感覚に触れてみませんか?~

申し込みは以下をクリックしてください。定員30人、先着順です。

https://kokucheese.com/event/index/599283/

  ウィルス感染症の問題で、私たちはふだんよりもずっと多くのエネルギーを消耗しているのではないでしょうか札幌フォーカシング・プロジェクトでは、フォーカシングを通して、心のエネルギーが増すように感じられるワークができないかと考えました。

 先の見えない状況にあっても、自分自身や他の人とのつながりを感じることができたり、「安心できる感覚」や「希望や夢をもっている自分」に触れたりする機会となることを願っての企画です。遠隔会議システムZOOMにより開催します。どうぞご参加ください。

 「夢」「漢字」(ゆめかんじ)るフォーカシング

 村山正治さんの「夢マニュアル」と池見陽さんらの「漢字フォーカシング」をアレンジして考案した方法です。

  3人ずつでグループを作って、自分の将来の夢や希望などをひとりずつ語ってもらいます。残り2人は聴き手になります。

  ひとり1分くらいの簡単な自己紹介の後、話す順番を決めます。

 まず最初の人が、自分はこうしたいとか、あんな風になりたいなど、自由に話してみてください。「夢」なので、実現できるかどうかなどはあまり考えず、気楽にどうぞ。このとき、次の順番の人が簡単な応答をするリスナー役をします。3番目の人は黙って聴いています(時間は約5分)。

  聴き手2人は、話し手の夢をやさしく受け止めるような気持ちで聴いてみてください。その夢の状況を思い浮かべるとどんな感じがするか、ゆっくり感じてそのフェルトセンスを漢字一文字で表してみます。スマホなどで、漢字の意味を改めて確かめてみても良いでしょう。そして、その漢字がぴったりかどうか、からだに響かせます。違う漢字に変わっても構いません。聴いた状況の「どんなところがこの漢字みたいなのか」と、自分に優しく丁寧に問いかけます。漢字が決まったら、それをほかの2人にチャットで送ります(約5分)。

*話し手自身も夢を語った後に、同様に漢字一文字で表して、ぴったりくるか確かめる作業を行ってみてください。話し手は、決まった文字を送信せずにメモに控えて留めておきます。

  次に、聴き手が順番に、話を聴いて「どんなところがその漢字みたいだったのか」を話し手に伝えます。感動したところなど感想も伝えてみてください(ひとりあたり約3分)。

  最後に話し手から、聴き手2人に感想などを伝えます。自分が思い浮かべた、漢字一文字を伝えても良いでしょう(約3分)。ここまででひとり分のセッションです。

  3人全員が終わったら、グループでシェアリングをします。まず、各自が黙って、今日、この場に出てきた漢字全部を、改めて味わってみましょう。この時全員が一度画面をオフにします(約1分)。その後画面をオンにして、何か気づいたこと、感想などあれば、伝え合いましょう。(約3分)

 ※事前準備:お手元にメモ用紙を1枚とペンがあると良いかもしれません。

 

 

<参考文献>「自分らしさ」を認めるPCAグループ入門:村山正治編著(創元社)

                                                         フォーカシングはみんなのもの:村山正治監修(創元社)

<企画・制作>札幌フォーカシング・プロジェクト有志:篠宮(発案)・上村・泉屋・加賀谷

 

月別 アーカイブ