村山正治さんの新しい事例検討法ワークショップ

                      主催 札幌フォーカシングプロジェクト

 日本にフォーカシングを紹介した村山正治さんを招いたワークショップを106日(土)と7日(日)に札幌で開きます。村山さんは、ユージン・ジェンドリンの名著「フォーカシング」(1982年)の訳者代表で、九州大学名誉教授、日本フォーカシング協会元会長です。

共著書の「新しい事例検討法PCAGIP(ピカジップ)入門」(創元社)についてのワークショップです。PCAGIP法とは、カール・ロジャーズの提唱したパーソン・センタード・アプローチ(PCA)の考え方をスーパービジョンやカンファレンスに援用して開発した方法です。事例提供者が簡単な事例資料を提供し、ファシリテーターと参加者が安全な雰囲気の中で、その相互作用を通じて参加者の力を最大限に引き出し、参加者の知恵と経験から、事例提供者に役立つ新しい取り組みの方向や具体策を見いだしていくプロセスを共にするグループ体験です。

この本の帯には「PICAGIPとは、I(アイ)がないのに愛がある事例検討法」とあります。「『批判しない』『記録をとらない』というルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成長を促す。心理、教育、看護、福祉、司法などの対人援助職をはじめ、会社の人材育成やボランティア活動の場など、幅広い活用が可能」と帯にある通り、多くの人に役立つでしょう。本は当日、会場で著者割引(2,100円)にて販売します。

◇日時:106日(土)午前10時~午後5

    107日(日)午前10時~午後3

◇場所:札幌市中央区北2条西7丁目、道民活動センター「かでる2.71050会議室

◇講師:村山正治

◇定員:両日最大50人ずつ

◇参加費:(一般)2日間18,000

   (日本フォーカシング協会メンバー)2日間17,000

 *2日間とも参加が条件。参加者にB5判で4行程度の事例概要の提出をお願いします。

◇問い合わせ、申し込み先:住所、氏名、当日連絡可能な電話番号、会場での著書購入の有無を記入し、メールで izumiya@hokkaido-np.co.jp (担当・泉屋)へ。9月26日(水)締め切り。申し込み後のキャンセルは930日(日)までに連絡いただければ返金します。

◇講師略歴:村山正治(むらやま しょうじ)1963年、京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。米国でロジャーズのもとで研究し、1970年代前半、新しいエンカウンターグループを畠瀬稔氏とともに日本に紹介した。著書は「ロジャーズをめぐって」(金剛出版)ほか多数。論文「PCAグループの現状と今後の展望」ほか。

▼自己紹介 私は、パイオニア、ネットワーカー、種まき屋である。個人心理治療から、エンカウンター、フォーカシング、スクールカウンセリングなど関係した領域で、結果として多彩な花の開花を眺めるのは楽しいことである。(「PCAGIP入門」から抜粋)