堀尾さんのフォーカシングワークショップのご案内

   堀尾さん2.jpg

「堀尾直美さんを講師に招いたワークショップ」を今年も札幌で開きます。

 堀尾さん=写真=は、国際フォーカシング研究所のフォーカシングコーディネーターで、日本フォーカシング協会の会長、フォーカシング・ネットワーク代表、臨床心理士です。

フォーカシングは、ユージン・ジェンドリン(1926年~2017年5月1日)の心理療法の研究によって生み出されました。今ここで自分がどんな風にいるか、何を感じ何を必要としているのかをしっかりと体験するための方法です。

フォーカシングで自分自身に注意を向けることは、ただ今の自分のありようを確認するということではありません。フォーカシングのプロセスの中で、自分の中のなにかが緩み、新しい動きが創造的に生じるようなスペースが内側にうまれ、そして多くの場合、体験が次の一歩へと進んでいきます

フォーカシングの方法を幅広い層に教え広めていく活動をされている堀尾さんと、札幌の地で体験することができる貴重な機会です。どうぞご参加ください。

 ◆◇ ワークショップ ◇◆ 7月15()・16(月・祝)

 ▼日時・会場

セッション1:715日(日)午前10時~午後5時、かでる2.71050会議室

セッション2:  16日(月、祝)午前10時~午後5時、かでる2.71050会議室

 *セッション2の最初にリスニングの仕方や注意点については説明しますが、セッション1の内容がワークを行う時の聴き手側の基礎になりますので、なるべく両日共ご参加ください。

 かでる2.7:札幌市中央区北2条西7丁目(札幌駅南口より徒歩13分)Tel011-204-5100

▼参加費 日本フォーカシング協会のメンバー以外は、1日6,000円、2日間12,000円。

同協会メンバーは15,000円、2日間1万円。

▼募集締切:6月末日まで。(両日定員50名ずつ。先着順。定員になり次第、締め切りとなります)

▼予定している内容

15():セッション1】フォーカシング初心者から経験者まで幅広い参加者を対象とした傾聴(リスニング)の研修。

(1) からだ全体が今、ここにある感じ(グランウンディング)や相手の存在を感じるワーク、あるいは、相手を思いやるワーク

(2) トラストワーク(『フォーカシングはみんなのもの』より)

(3) 話し手に教えてもらう傾聴(フォーカサー・アズ・ティーチャー=FAT)の説明と実習

(4) 4つの椅子を使った実習(事柄とフェルトセンスと自己共感とFATの区別)

16(月・祝):セッション2】 カードとアート系のワークを取り入れたプログラム

(1) カードを用いた自己紹介

(2) 「安全な場所のワーク」:カードと描画を用いて

(3) ローリー・ラパポートの「手のワーク」

(4) カードでクロッシング

      ◆◇◆ 申し込み方法 ◆◇◆

 参加希望の方 これまでのフォーカシングの経験、日本フォーカシング協会のメンバーの方は会員番号、臨床心理士の方は登録番号をお知らせください。

住所・氏名・電話番号(当日連絡が可能なもの)・メールアドレスを明記の上、下記(担当、古澤)までメールをお送りください。

nahoko44829@ybb.ne.jp 

 お申込み確認後、参加費の送金先をお知らせするメールを送信します。万一、お申込み後3日を過ぎてもこちらから返信がない場合には、ご連絡をお願い致します。

医療機関や相談機関に通われている方は、担当医師やカウンセラーにご相談の上、ご参加ください。

キャンセルポリシー開催1週間以前にキャンセルのご連絡を頂きました方に限り、ご返金致します。

◇5月14日と7月14日の個人セッションは、満員にて募集を終了致しました。