堀尾直美さんを札幌に迎えたワークショップが終わりました。

 準備した方々、参加した皆さま、お疲れさまでした。

 日本フォーカシング協会会長の堀尾さんは、「フォーカシングの伝道師」だなあと感じました。フォーカシングを札幌で伝え広めたいという情熱が、精力的なプログラムを心をこめて実施するエネルギー源になっていました。間をとるという基本から始まり、ポーカーゲームをしているように、カードを引きながら、話し手の感情やニーズを聴き手が感じ取ることも面白かったです。ある特定の人を思い浮かべる人間関係のワークは、自然と深くなっていきました。2日目の日精研プログラムの圧縮版も、初心者に好評でした。

 堀尾さん、ありがとうございました。参加者のリクエストに応じて、来年5月に学会で堀尾さんが来札する際には、個人セッションを設定することになりそうです。

10月8日(日)、9日(月祝)に堀尾直美さんのワークショップを開きます。すでに1度ご案内しましたが、今回はチラシの作成が遅れ、応募もまだ少なめの状況ですので、再度、ご案内します。  詳しくは、札幌フォーカシングプロジェクトのホームページをご覧ください。堀尾さんは、日本フォーカシング協会の会長で、全国を精力的に飛び回っています。東京の日本精神技術研究所でも教えており、そのベーシックコースの内容をぎゅっと圧縮して、2日目の9日に披露してくれます。  初日の8日は、感じるために必要な間をとる実習や、感情とニーズのカードゲーム、自分の選んだ人に対する気持ちに耳を傾ける実習をします。どちらか1日だけの参加も可能です。 (上村)
2017年10月8日(日) ・ 9日(月祝) フォーカシング(Focusing) は、自分に向き合うことで、これまで気づかなかった「自分の中に在る大切な何か」を見つけることもある方法です。今回のワークショップは、フォーカシングを幅広い層に教え広めていく活動をされている、堀尾直美さんを講師にお迎えすることにしました。初心の方にも、そして経験されている方にも、フォーカシングとの親しみを深めてもらうことを願っての企画となっています。堀尾さんに、現段階での構想をお知らせいただきました。    1日目のプログラム「気持ちを感じる,気持ちを聴く」  早いことを求められる現代社会では、感じるために必要な間を取ることは意識的でないと容易なことではありません。自分の気持ちを省みる間も無く,日常生活に追われることもしばしばです。置き去りになりがちな自分の気持ちに耳を傾ける時間を持ってみませんか?  ポージング(時間的な間を取ること),カードを用いて感情と必要としていることに気づく,ある人に対する自分の気持ちに耳を傾けるなどの実習を予定しています。グループやペアで実習しますので,相手が自分の気持ちを感じていくための助けになるような聴き方も体験できます。 2日目のプログラム「自分で進めるフォーカシングとそのリスニングの基礎」  感じていることを通して体験に触れ表現し理解していくフォーカシング・プロセスは人が自然に行なっていることなので,フォーカシングという特別のやり方を行わなければできないという訳ではありません。実際1日目の実習でも起きているでしょう。けれど,しばしば私たちはそのような時間を持たず,やり方として学ばないと意図して行うことは難しいでしょう。  方法として学べば,一生使える道具になります。自分の気持ちと上手に付き合えたり,納得のいく選択ができたり,自分に必要な気づきを得ることができたりします。支援職の方はご自分のお仕事に活かすことができます。使いこなすには実践が必要なので,まずは方法を学んでみませんか? ■日時:10月8日(日)午前10時~午後5時 ・ 9日(月祝)、午前10時~午後5時 ■場所:札幌市中央区北2西7, 「かでる2 ・7」 510会議室 ■定員:定員40人 ■参加費:2日間8,000円 (どちらか1日のみ4,000円) 日本フォーカシング協会メンバー2日間7,000円 (1日のみ3,500円) 1日目が2日目のウォーミングアップや準備になるようにプログラムを構成しています。両日参加をお勧めしますが,どちらか1日だけのご参加も可能です。2日目は入門プログラムですが,配布資料には経験者向けの内容を含めます。よろしければ午後のフォーカシングセッションにお使いください。 ■個人セッション:堀尾さんによる個人セッションも受けることができます。 ●日時:10月6日(金)夕方〜夜、及び7日(土)午前  第1枠10/6 17:10〜18:10, 第2枠10/6 18:30〜19:30, 第3枠10/6 19:50〜20:50  第4枠10/7  9:20〜10:20, 第5枠10/7 10:40〜11:40 ●場所:札幌市社会福祉総合センター(札幌市中央区大通西19丁目1−1) ●セッション代金: 1人1時間6,000円 ■申込み方法: ①住所、②氏名、③メールアドレス、④日本フォーカシング協会メンバーは、メンバー番号、⑤臨床心理士の方は、登録番号、⑥フォーカシング経験の有無、⑦個人セッションを希望される場合は、希望枠を記入の上、asamo_edo@yahoo.co.jp (担当・篠宮)まで。「申込み受理」メールを受け取った後に、参加費を下記の口座までお送りください。 ※医療機関や相談機関に通われている方は、担当の医師やカウンセラーにご相談のうえ、ご参加ください。 ●送金先:ゆうちょ銀行(当座預金)02790-2-14255  札幌フォーカシングプロジェクト ■申込締切り:9月25日(月)正午まで ワークショップ、個人セッションともに、先着順にて定員になり次第、締め切りとさせていただきます。 ■講師(堀尾直美さん)略歴:1996年、日本女子大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程前期修了、大学学生相談室、精神科外来デイケア勤務などを経て、現在、日本・精神技術研究所フォーカシング個別指導・セミナー講師。桜美林大学大学院・北多摩看護専門学校非常勤講師。臨床心理士。著書「フォーカシングはみんなのもの」(創元社、共編著)、訳書「フォーカシングの心得」(創元社、共訳)、「解決指向フォーカシング療法」(金剛出版、共訳)、「「グロリアと三人のセラピスト」とともに生きて—娘による追想」(コスモス・ライブラリー、共訳)。国際フォーカシング研究所フォーカシング・プロフェッショナル/コーディネーター、現在日本フォーカシング協会会長。 ■主催: 札幌フォーカシングプロジェクト(代表、上村英生) ・ http://sfp.la.coocan.jp/main/  (上村)
◇日本フォーカシング協会会長で、フォーカシングコーディネーターの堀尾直美さんを招いたワークショップを10月8日(日)と9日(月祝)に札幌市の道民活動センターかでる27で開きます。  堀尾さんは東京の日本精神技術研究所でフォーカシングを教えており、日精研の体系的なプログラムに通じています。以下に堀尾さんが可能な内容を書き送ってもらいました。みなさんはどの内容を希望するのか、6月11日までにSFP代表(上村)までメールでお知らせください。  ①FAT(フォーカサーが教える方法)やコーチ法  ②4つの椅子を使うリスニング・ガイディング実習(『フォーカシングはみんなのもの』(創元社、2013年)にある「3つの椅子の実習」にFATも含めて4つの椅子を使う実習)  ③フォーカシングをご存知でない方とのセッション経験  ④初心者とのセッションを行うTNTのトレーニング(コーチ法による)  ⑤講師1人でフォーカシングを教える1日プログラムの実践経験  ⑥インタラクティブ・フォーカシングの実践  ⑦アートを用いたフォーカシング・セッションの指導(コーチ法による)  ⑧PCAGIP法(http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=11543。堀尾さんがするとフォーカシング指向になります)  ワークとしては,  ⑨OHカードでフォーカシング(OHカードについてはhttp://www.oh-card.jp/products-order/index.htmlに見本があります。安全な場所のワークなど)  ⑩感情とニーズのポーカー(『フォーカシングはみんなのもの』収載)  ⑪元気がない時の元気の探し方(パットのコミュニティウェルネスのワークより)  ⑫ローリーの「手のワーク」  ⑬『フォーカシングはみんなのもの』にあるポージング,トラスト・ワーク,人との関係についてのフォーカシング (上村)

 札幌フォーカシングプロジェクトは、5月6日の例会の最後に、ジェンドリンの死を悼み、参加者全員で黙とうしました。ちょうど、会場の外には桜の花がまだ咲いており、少し散りかけていました。彼の死の悲しみを象徴するかのような、自然の営みに深く感じいりました。

ジェンドリンが死去

フォーカシングの創始者であるユージン・ジェンドリンが5月1日(日本時間2日朝)、90歳で死去しました。ニューヨークの国際フォーカシング研究所が、ウェブサイトに掲載しました。心からおくやみを申し上げます。 (上村)

3月の例会

3月の例会は、きょう4日午後1時半から社会福祉総合センターで開きます。 (上村)

3月の例会

3月の例会は、いつもの第2土曜ではなく、第1土曜のきょう4日です。午後1時半から札幌市社会福祉総合センターで、本年度の総会を兼ねて開きます。 (上村)

末武さんWS(文字化けしたので再送)

末武康弘さんのフォーカシングワークショップのご案内  「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」              主催 札幌フォーカシングプロジェクト  ■日時  ・セッション1 2017年7月22日(土)午前11時30分から午後6時まで、札幌市中央区北2西7、道民活動センター「かでる27」1030会議室(定員40人)。終了後、有志による懇親会を開きます。  ・セッション2 7月23日(日)午前10時から午後5時まで、同(同) ■参加費 2日間で8000円(どちらか1日のみは4000円)。日本フォーカシング協会メンバーは2日間で7000円(どちらか1日のみ3500円) ■申し込み方法 申し込みは、住所・氏名・電話番号・アドレス・フォーカシング経験の有無、日本フォーカシング協会メンバーの場合はニュースレター封筒記載の会員番号を記入のうえ、メールでizumiya@hokkaido-np.co.jp(担当・泉屋)へ。7月14日(金)正午締め切り。申し込み受理のメールを受け取った後、参加費を近くの郵便局から(ゆうちょ銀行当座預金)02790-2-14255 札幌フォーカシングプロジェクト あてにお送りください。 郵送の場合は、〒060-0909 札幌市東区北9東1、3-1-206上村英生あて。ファクスの場合は011-214-9182へ申し込み書をお送りください。 ■末武康弘(すえたけ やすひろ)さんの著書 「『主観性を科学化する』質的研究法入門 TAEを中心に」(金子書房、共著)、「伝説のセラピストの言葉」(コスモス・ライブラリー、共著)、「ジェンドリン哲学入門」(コスモス・ライブラリー、共著)、「スタンダード臨床心理学」(サイエンス社、共著)、訳書に「エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究」、「心理臨床への多元的アプローチ」(いずれも監訳、岩崎学術出版社)など。 (上村)

末武さんのワークショップ案内

末武康弘さんのフォーカシングワークショップのご案内  「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」                    主催 札幌フォーカシングプロジェクト  フォーカシングの創始者ユージン・ジェンドリンは、昨年のクリスマスに90歳の誕生日を迎えました。彼の集大成と言えるのが哲学の主著「プロセスモデル」と「TAE(Thinking At the Edge)=エッジで考える」です。難解な「プロセスモデル」を日本語に全訳し、その臨床的意義の研究に取り組む末武康弘・法政大教授をお招きしたワークショップを7月22日(土)と23日(日)に開きます。末武さんはTAEを使ったセラピー分析の研究もしています。フォーカシングの本質をつかみ、それぞれの仕事や生活の中で使っていくのに役立つ内容になるでしょう。多くの方に参加を呼びかけます。  テーマは、「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」です。末武さんに、現段階での構想を以下に書いていただきました。 *                 * このワークショップでは、ジェンドリンの哲学的主著『プロセスモデル(A Process Model)』(Gendlin, 1997)と理論構築法「TAE(thinking at the edge)」(Gendlin, 2004; Gendlin & Hendricks, 2004)が、私たちの思考やコミュニケーションや生き方に、そしてセラピーやカウンセリングやフォーカシングに、どのようなことをもたらし得るのかを、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。一日目はプロセスモデルを、二日目はTAEを主な素材として取り上げ、話題提供、実習、ディスカッションを組み合わせながら体験的に進めていきます。資料として「(臨床実践のための)プロセスモデル主要用語集」、「多元的フォーカシングセラピー(フォーカシングとTAEをその他の方法とともに多元的に活用するセラピー)のためのガイド」を配布する予定です。  〔末武康弘〕 ■日時  ・セッション1 2017年7月22日(土)午前11時30分~午後6時、札幌市中央区北2西7、道民活動センター「かでる27」1030会議室(定員40人)。終了後、有志による懇親会を開きます。  ・セッション2 7月23日(日)午前10時~午後5時、同(同) ■参加費 2日間で8000円(どちらか1日のみは4000円)。日本フォーカシング協会メンバーは2日間で7000円(どちらか1日のみ3500円) ■申し込み方法 申し込みは、住所・氏名・電話番号・アドレス・フォーカシング経験の有無、日本フォーカシング協会メンバーの場合はニュースレター封筒記載の会員番号を記入のうえ、メールでizumiya@hokkaido-np.co.jp(担当・泉屋)へ。7月14日(金)正午締め切り。申し込み受理のメールを受け取った後、参加費を近くの郵便局から(ゆうちょ銀行当座預金)02790-2-14255 札幌フォーカシングプロジェクト あてにお送りください。 郵送の場合は、〒060-0909 札幌市東区北9東1、3-1-206上村英生あて。ファクスの場合は011-214-9182へ申し込み書をお送りください。 ■末武 康弘(すえたけ やすひろ)さんの略歴  1959年生まれ、筑波大大学院博士課程後期単位取得満期退学、博士(学術)。女子美術大学助教授、明治学院大助教授、法政大助教授を経て、現在は法政大現代福祉学部臨床心理学科・大学院人間社会研究科教授。臨床心理学やカウンセリング・心理療法を研究分野とする。    著書に「『主観性を科学化する』質的研究法入門-TAEを中心に-」(金子書房、共著)、「伝説のセラピストの言葉」(コスモス・ライブラリー、共著)、「ジェンドリン哲学入門」(コスモス・ライブラリー、共著)、「スタンダード臨床心理学」(サイエンス社、共著)、訳書に「エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究」、「心理臨床への多元的アプローチ」(いずれも監訳、岩崎学術出版社)など。 (上村)