10月6、7日に札幌で開く村山正治さんのワークショップは、これまで2日とも参加可能を条件にしていましたが、どちらか1日の参加も受け入れることになりました。  2日間とも、パーソンセンタードに基づいた事例検討法(ピカジップ)の予定だったのを、初日は、村山さんのカウンセラー、ファシリテーター修行を基にした講演と質疑、参加者各自の将来ビジョンを語り、肯定的フィードバックを受けるビジョンセッションとし、2日目をピカジップに変更します。  締め切りを10月1日(月)に延長しました。詳しくはHPをご覧ください。 (上村)
 日本にフォーカシングを紹介した村山正治さんを招いたワークショップを10月6日(土)と7日(日)に札幌で開きます。村山さんは、ユージン・ジェンドリンの名著「フォーカシング」(1982年)の訳者代表で、九州大学名誉教授、日本フォーカシング協会元会長です。 共著書の「新しい事例検討法PCAGIP(ピカジップ)入門」(創元社)についてのワークショップをお願いしました。PCAGIP法とは、カール・ロジャーズの提唱したパーソン・センタード・アプローチ(PCA)の考え方をスーパービジョンやカンファレンスに援用して開発した方法です。事例提供者が簡単な事例資料を提供し、ファシリテーターと参加者が安全な雰囲気の中で、その相互作用を通じて事例提供者に役立つ新しい取り組みの方向や具体策を見いだしていきます。 本は当日、会場で著者割引(2,100円)にて販売します。 ◇日時:10月6日(土)午前10時~午後5時      10月7日(日)午前10時~午後3時 ◇場所:札幌市中央区北2条西7丁目、道民活動センター「かでる2.7」1050会議室 ◇講師:村山正治 ◇定員:両日最大50人ずつ ◇参加費:(一般)2日間18,000円    (日本フォーカシング協会メンバー)2日間17,000円    *2日間とも参加できることが条件、 ◇問い合わせ、申し込み先:住所、氏名、当日連絡可能な電話番号、会場での著書購入の有無を記入し、メールでizumiya@hokkaido-np.co.jp(泉屋)へ。9月26日(水)締め切り。申し込み後のキャンセルは9月30日(日)までに連絡いただければ返金します。 (上村)

9月の例会

1日(土)午後1時半から、札幌市社会福祉総合センター4階のボランティア活動センター研修室Bで開きます。正面玄関は使えませんので、裏側(東側)の通用口から入り、エレベーターで4階まで上がり、左手です。名札を持参ください。ジェンドリンの「フォーカシング」を一部音読します。 (上村)
               主催 札幌フォーカシングプロジェクト  日本にフォーカシングを紹介した村山正治さんを招いたワークショップを10月6日(土)と7日(日)に札幌で開きます。村山さんは、ユージン・ジェンドリンの名著「フォーカシング」(1982年)の訳者代表で、九州大学名誉教授、日本フォーカシング協会元会長です。 共著書の「新しい事例検討法PCAGIP(ピカジップ)入門」(創元社)についてのワークショップです。PCAGIP法とは、カール・ロジャーズの提唱したパーソン・センタード・アプローチ(PCA)の考え方をスーパービジョンやカンファレンスに援用して開発した方法です。事例提供者が簡単な事例資料を提供し、ファシリテーターと参加者が安全な雰囲気の中で、その相互作用を通じて参加者の力を最大限に引き出し、参加者の知恵と経験から、事例提供者に役立つ新しい取り組みの方向や具体策を見いだしていくプロセスを共にするグループ体験です。 この本の帯には「PICAGIPとは、I(アイ)がないのに愛がある事例検討法」とあります。「『批判しない』『記録をとらない』というルールのもと、守られた空間が事例提供者を温かく支え、気づきや成長を促す。心理、教育、看護、福祉、司法などの対人援助職をはじめ、会社の人材育成やボランティア活動の場など、幅広い活用が可能」と帯にある通り、多くの人に役立つでしょう。本は当日、会場で著者割引(2,100円)にて販売します。 ◇日時:10月6日(土)午前10時~午後5時     10月7日(日)午前10時~午後3時 ◇場所:札幌市中央区北2条西7丁目、道民活動センター「かでる2.7」1050会議室 ◇講師:村山正治 ◇定員:両日最大50人ずつ ◇参加費:(一般)2日間18,000円    (日本フォーカシング協会メンバー)2日間17,000円  *2日間とも参加が条件。参加者にB5判で4行程度の事例概要の提出をお願いします。 ◇問い合わせ、申し込み先:住所、氏名、当日連絡可能な電話番号、会場での著書購入の有無を記入し、メールでizumiya@hokkaido-np.co.jp(泉屋)へ。9月26日(水)締め切り。申し込み後のキャンセルは9月30日(日)までに連絡いただければ返金します。 ◇講師略歴:村山正治(むらやま しょうじ)1963年、京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。米国でロジャーズのもとで研究し、1970年代前半、新しいエンカウンターグループを畠瀬稔氏とともに日本に紹介した。著書は「ロジャーズをめぐって」(金剛出版)ほか多数。論文「PCAグループの現状と今後の展望」ほか。 ▼自己紹介 私は、パイオニア、ネットワーカー、種まき屋である。個人心理治療から、エンカウンター、フォーカシング、スクールカウンセリングなど関係した領域で、結果として多彩な花の開花を眺めるのは楽しいことである。(「PCAGIP入門」から抜粋) (上村)

6月の例会

6月の例会は第3土曜の16日午後1時半から、かでる2.7の530会議室で開きます。いつもの第1土曜ではないので、ご注意ください。会場も社会福祉総合センターではありません。ワークショップで使う、かでるです。例会には、各自が名札を持参することになりました。6月の例会では、ジェンドリンの「フォーカシング」156ページから161ページまでをみんなで音読します。 (上村)

6月の例会

6月の例会は第3土曜の16日午後1時半から、かでる2.7の530会議室で開きます。いつもの第1土曜ではなく、会場も違いますので、ご注意ください。名札を各自持参。ジェンドリンの「フォーカシング」をお持ちの方は156ページから161ページまでを音読します。 (上村)

追伸

先ほどのSFPニュースは、5日の例会参加者向け連絡です。 (上村)

今週土曜、5日の例会

ジェンドリンの一周忌を機に、著書「フォーカシング」の中のフォーカシングの手引きとリスニングの手引きを音読したいと思います。お持ちの方は持参願います。 (上村)
昨年好評だった、「堀尾直美さんを講師に招いたワークショップと個人セッション」を今年も札幌にて開催します。講師の堀尾直美さんは、国際フォーカシング研究所のフォーカシングコーディネーターで、日本フォーカシング協会会長、フォーカシング・ネットワーク代表、臨床心理士です。 フォーカシングの方法を幅広い層に教え広めていく活動をされている堀尾さんと、札幌の地で体験することができる貴重な機会です。どうぞご参加ください。 ◆◇ ワークショップ ◇◆ 7月15(日)・16(月・祝) ◆日時・会場 セッション1:7月15日(日)午前10時~午後5時、かでる2.7、1050会議室 セッション2:  16日(月、祝)午前10時~午後5時、かでる2.7、1050会議室 *セッション2の最初にリスニングの仕方や注意点については説明しますが、セッション1の内容がワークを行う時の聴き手側の基礎になりますので、なるべく両日共ご参加ください。 *かでる2.7:札幌市中央区北2条西7丁目(札幌駅南口より徒歩13分)Tel:011-204-5100 ◆参加費 日本フォーカシング協会のメンバー以外は、1日6,000円、2日間12,000円。 同協会メンバーは1日5,000円、2日間10,000円。 ◆申込み締切:6月末日まで。(両日定員50名ずつ。先着順。定員になり次第、締め切りとなります) ◆予定している内容 【15(日):セッション1】フォーカシング初心者から経験者まで幅広い参加者を対象とした傾聴(リスニング)の研修。 (1) からだ全体が今、ここにある感じ(グランウンディング)や相手の存在を感じるワーク、あるいは、相手を思いやるワーク (2) トラストワーク(『フォーカシングはみんなのもの』より) (3) 話し手に教えてもらう傾聴(フォーカサー・アズ・ティーチャー=FAT)の説明と実習 (4) 4つの椅子を使った実習(事柄とフェルトセンスと自己共感とFATの区別) 【16(月・祝):セッション2】 カードとアート系のワークを取り入れたプログラム (1) カードを用いた自己紹介 (2) 「安全な場所のワーク」:カードと描画を用いて (3) ローリー・ラパポートの「手のワーク」 (4) カードでクロッシング ◆ 個人セッション 第2シリーズ ◆ 7月14日(土) 会場:ホテルさっぽろ弥生 ミーティングルーム(札幌市中央区北3条西12丁目 TEL.(011)281-2511  ◆時間枠:①10時〜11時, ②11時20分〜12時20分,③13時20分〜14時20分 ④14時40分〜15時40分, ⑤16時〜17時の5枠 ◆料金:8,000円(セッション代6,000円+会場費) ◆申込み締切:6月末日まで。先着順。枠が埋まり次第、締め切りとなります。 ◆◇◆ 申し込み方法 ◆◇◆ ・ワークショップ参加希望の方 ⇒これまでのフォーカシングの経験・日本フォーカシング協会のメンバーの方は、会員番号・臨床心理士の方は、登録番号をお知らせください。 ・個人セッション希望の方 ⇒希望する日時を第2希望までお知らせください。 いずれも、住所・氏名・電話番号(当日連絡が可能なもの)・メールアドレスを明記の上、メールにて、nahoko44829(A)ybb.ne.jp【担当:古澤,(A)を@に替えて送信してください】まで。お申込みの確認後、参加費の送金先(個人セッション希望の方には、実施日時も)をお知らせするメールをお送りします。(万一、お申込み後3日過ぎてもこちらから返信がない場合には、再度ご連絡をお願い致します)。 *医療機関や相談機関に通われている方は、担当医師やカウンセラーにご相談の上、ご参加ください。 *キャンセルポリシー:開催1週間以前にキャンセルのご連絡を頂きました方に限り、ご返金致します。 (上村)

名札

札幌フォーカシングプロジェクトの月例会の名札は、5月から各自が持参することにします。 (上村)

月別 アーカイブ