フォーカシングの「伝道師」

| コメント(0) | トラックバック(0)

  堀尾直美さんを札幌に迎えたワークショップが終わりました。

 準備した方々、参加した皆さま、お疲れさまでした。

 日本フォーカシング協会会長の堀尾さんは、「フォーカシングの伝道師」だなあと感じました。フォーカシングを札幌で伝え広めたいという情熱が、精力的なプログラムを心をこめて実施するエネルギー源になっていました。間をとるという基本から始まり、ポーカーゲームをしているように、カードを引きながら、話し手の感情やニーズを聴き手が感じ取ることも面白かったです。ある特定の人を思い浮かべる人間関係のワークは、自然と深くなっていきました。2日目の日精研プログラムの圧縮版も、初心者に好評でした。

 堀尾さん、ありがとうございました。参加者のリクエストに応じて、来年5月に学会で堀尾さんが来札する際には、個人セッションを設定することになりそうです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sfp.la.coocan.jp/mt.4.22/mt-tb.cgi/439

コメントする