2017年8月アーカイブ

2017年10月8日(日) ・ 9日(月祝) フォーカシング(Focusing) は、自分に向き合うことで、これまで気づかなかった「自分の中に在る大切な何か」を見つけることもある方法です。今回のワークショップは、フォーカシングを幅広い層に教え広めていく活動をされている、堀尾直美さんを講師にお迎えすることにしました。初心の方にも、そして経験されている方にも、フォーカシングとの親しみを深めてもらうことを願っての企画となっています。堀尾さんに、現段階での構想をお知らせいただきました。    1日目のプログラム「気持ちを感じる,気持ちを聴く」  早いことを求められる現代社会では、感じるために必要な間を取ることは意識的でないと容易なことではありません。自分の気持ちを省みる間も無く,日常生活に追われることもしばしばです。置き去りになりがちな自分の気持ちに耳を傾ける時間を持ってみませんか?  ポージング(時間的な間を取ること),カードを用いて感情と必要としていることに気づく,ある人に対する自分の気持ちに耳を傾けるなどの実習を予定しています。グループやペアで実習しますので,相手が自分の気持ちを感じていくための助けになるような聴き方も体験できます。 2日目のプログラム「自分で進めるフォーカシングとそのリスニングの基礎」  感じていることを通して体験に触れ表現し理解していくフォーカシング・プロセスは人が自然に行なっていることなので,フォーカシングという特別のやり方を行わなければできないという訳ではありません。実際1日目の実習でも起きているでしょう。けれど,しばしば私たちはそのような時間を持たず,やり方として学ばないと意図して行うことは難しいでしょう。  方法として学べば,一生使える道具になります。自分の気持ちと上手に付き合えたり,納得のいく選択ができたり,自分に必要な気づきを得ることができたりします。支援職の方はご自分のお仕事に活かすことができます。使いこなすには実践が必要なので,まずは方法を学んでみませんか? ■日時:10月8日(日)午前10時~午後5時 ・ 9日(月祝)、午前10時~午後5時 ■場所:札幌市中央区北2西7, 「かでる2 ・7」 510会議室 ■定員:定員40人 ■参加費:2日間8,000円 (どちらか1日のみ4,000円) 日本フォーカシング協会メンバー2日間7,000円 (1日のみ3,500円) 1日目が2日目のウォーミングアップや準備になるようにプログラムを構成しています。両日参加をお勧めしますが,どちらか1日だけのご参加も可能です。2日目は入門プログラムですが,配布資料には経験者向けの内容を含めます。よろしければ午後のフォーカシングセッションにお使いください。 ■個人セッション:堀尾さんによる個人セッションも受けることができます。 ●日時:10月6日(金)夕方〜夜、及び7日(土)午前  第1枠10/6 17:10〜18:10, 第2枠10/6 18:30〜19:30, 第3枠10/6 19:50〜20:50  第4枠10/7  9:20〜10:20, 第5枠10/7 10:40〜11:40 ●場所:札幌市社会福祉総合センター(札幌市中央区大通西19丁目1−1) ●セッション代金: 1人1時間6,000円 ■申込み方法: ①住所、②氏名、③メールアドレス、④日本フォーカシング協会メンバーは、メンバー番号、⑤臨床心理士の方は、登録番号、⑥フォーカシング経験の有無、⑦個人セッションを希望される場合は、希望枠を記入の上、asamo_edo@yahoo.co.jp (担当・篠宮)まで。「申込み受理」メールを受け取った後に、参加費を下記の口座までお送りください。 ※医療機関や相談機関に通われている方は、担当の医師やカウンセラーにご相談のうえ、ご参加ください。 ●送金先:ゆうちょ銀行(当座預金)02790-2-14255  札幌フォーカシングプロジェクト ■申込締切り:9月25日(月)正午まで ワークショップ、個人セッションともに、先着順にて定員になり次第、締め切りとさせていただきます。 ■講師(堀尾直美さん)略歴:1996年、日本女子大学大学院文学研究科教育学専攻博士課程前期修了、大学学生相談室、精神科外来デイケア勤務などを経て、現在、日本・精神技術研究所フォーカシング個別指導・セミナー講師。桜美林大学大学院・北多摩看護専門学校非常勤講師。臨床心理士。著書「フォーカシングはみんなのもの」(創元社、共編著)、訳書「フォーカシングの心得」(創元社、共訳)、「解決指向フォーカシング療法」(金剛出版、共訳)、「「グロリアと三人のセラピスト」とともに生きて—娘による追想」(コスモス・ライブラリー、共訳)。国際フォーカシング研究所フォーカシング・プロフェッショナル/コーディネーター、現在日本フォーカシング協会会長。 ■主催: 札幌フォーカシングプロジェクト(代表、上村英生) ・ http://sfp.la.coocan.jp/main/  (上村)