2017年6月アーカイブ

◇日本フォーカシング協会会長で、フォーカシングコーディネーターの堀尾直美さんを招いたワークショップを10月8日(日)と9日(月祝)に札幌市の道民活動センターかでる27で開きます。  堀尾さんは東京の日本精神技術研究所でフォーカシングを教えており、日精研の体系的なプログラムに通じています。以下に堀尾さんが可能な内容を書き送ってもらいました。みなさんはどの内容を希望するのか、6月11日までにSFP代表(上村)までメールでお知らせください。  ①FAT(フォーカサーが教える方法)やコーチ法  ②4つの椅子を使うリスニング・ガイディング実習(『フォーカシングはみんなのもの』(創元社、2013年)にある「3つの椅子の実習」にFATも含めて4つの椅子を使う実習)  ③フォーカシングをご存知でない方とのセッション経験  ④初心者とのセッションを行うTNTのトレーニング(コーチ法による)  ⑤講師1人でフォーカシングを教える1日プログラムの実践経験  ⑥インタラクティブ・フォーカシングの実践  ⑦アートを用いたフォーカシング・セッションの指導(コーチ法による)  ⑧PCAGIP法(http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=11543。堀尾さんがするとフォーカシング指向になります)  ワークとしては,  ⑨OHカードでフォーカシング(OHカードについてはhttp://www.oh-card.jp/products-order/index.htmlに見本があります。安全な場所のワークなど)  ⑩感情とニーズのポーカー(『フォーカシングはみんなのもの』収載)  ⑪元気がない時の元気の探し方(パットのコミュニティウェルネスのワークより)  ⑫ローリーの「手のワーク」  ⑬『フォーカシングはみんなのもの』にあるポージング,トラスト・ワーク,人との関係についてのフォーカシング (上村)