2017年2月アーカイブ

末武さんWS(文字化けしたので再送)

末武康弘さんのフォーカシングワークショップのご案内  「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」              主催 札幌フォーカシングプロジェクト  ■日時  ・セッション1 2017年7月22日(土)午前11時30分から午後6時まで、札幌市中央区北2西7、道民活動センター「かでる27」1030会議室(定員40人)。終了後、有志による懇親会を開きます。  ・セッション2 7月23日(日)午前10時から午後5時まで、同(同) ■参加費 2日間で8000円(どちらか1日のみは4000円)。日本フォーカシング協会メンバーは2日間で7000円(どちらか1日のみ3500円) ■申し込み方法 申し込みは、住所・氏名・電話番号・アドレス・フォーカシング経験の有無、日本フォーカシング協会メンバーの場合はニュースレター封筒記載の会員番号を記入のうえ、メールでizumiya@hokkaido-np.co.jp(担当・泉屋)へ。7月14日(金)正午締め切り。申し込み受理のメールを受け取った後、参加費を近くの郵便局から(ゆうちょ銀行当座預金)02790-2-14255 札幌フォーカシングプロジェクト あてにお送りください。 郵送の場合は、〒060-0909 札幌市東区北9東1、3-1-206上村英生あて。ファクスの場合は011-214-9182へ申し込み書をお送りください。 ■末武康弘(すえたけ やすひろ)さんの著書 「『主観性を科学化する』質的研究法入門 TAEを中心に」(金子書房、共著)、「伝説のセラピストの言葉」(コスモス・ライブラリー、共著)、「ジェンドリン哲学入門」(コスモス・ライブラリー、共著)、「スタンダード臨床心理学」(サイエンス社、共著)、訳書に「エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究」、「心理臨床への多元的アプローチ」(いずれも監訳、岩崎学術出版社)など。 (上村)

末武さんのワークショップ案内

末武康弘さんのフォーカシングワークショップのご案内  「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」                    主催 札幌フォーカシングプロジェクト  フォーカシングの創始者ユージン・ジェンドリンは、昨年のクリスマスに90歳の誕生日を迎えました。彼の集大成と言えるのが哲学の主著「プロセスモデル」と「TAE(Thinking At the Edge)=エッジで考える」です。難解な「プロセスモデル」を日本語に全訳し、その臨床的意義の研究に取り組む末武康弘・法政大教授をお招きしたワークショップを7月22日(土)と23日(日)に開きます。末武さんはTAEを使ったセラピー分析の研究もしています。フォーカシングの本質をつかみ、それぞれの仕事や生活の中で使っていくのに役立つ内容になるでしょう。多くの方に参加を呼びかけます。  テーマは、「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」です。末武さんに、現段階での構想を以下に書いていただきました。 *                 * このワークショップでは、ジェンドリンの哲学的主著『プロセスモデル(A Process Model)』(Gendlin, 1997)と理論構築法「TAE(thinking at the edge)」(Gendlin, 2004; Gendlin & Hendricks, 2004)が、私たちの思考やコミュニケーションや生き方に、そしてセラピーやカウンセリングやフォーカシングに、どのようなことをもたらし得るのかを、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。一日目はプロセスモデルを、二日目はTAEを主な素材として取り上げ、話題提供、実習、ディスカッションを組み合わせながら体験的に進めていきます。資料として「(臨床実践のための)プロセスモデル主要用語集」、「多元的フォーカシングセラピー(フォーカシングとTAEをその他の方法とともに多元的に活用するセラピー)のためのガイド」を配布する予定です。  〔末武康弘〕 ■日時  ・セッション1 2017年7月22日(土)午前11時30分~午後6時、札幌市中央区北2西7、道民活動センター「かでる27」1030会議室(定員40人)。終了後、有志による懇親会を開きます。  ・セッション2 7月23日(日)午前10時~午後5時、同(同) ■参加費 2日間で8000円(どちらか1日のみは4000円)。日本フォーカシング協会メンバーは2日間で7000円(どちらか1日のみ3500円) ■申し込み方法 申し込みは、住所・氏名・電話番号・アドレス・フォーカシング経験の有無、日本フォーカシング協会メンバーの場合はニュースレター封筒記載の会員番号を記入のうえ、メールでizumiya@hokkaido-np.co.jp(担当・泉屋)へ。7月14日(金)正午締め切り。申し込み受理のメールを受け取った後、参加費を近くの郵便局から(ゆうちょ銀行当座預金)02790-2-14255 札幌フォーカシングプロジェクト あてにお送りください。 郵送の場合は、〒060-0909 札幌市東区北9東1、3-1-206上村英生あて。ファクスの場合は011-214-9182へ申し込み書をお送りください。 ■末武 康弘(すえたけ やすひろ)さんの略歴  1959年生まれ、筑波大大学院博士課程後期単位取得満期退学、博士(学術)。女子美術大学助教授、明治学院大助教授、法政大助教授を経て、現在は法政大現代福祉学部臨床心理学科・大学院人間社会研究科教授。臨床心理学やカウンセリング・心理療法を研究分野とする。    著書に「『主観性を科学化する』質的研究法入門-TAEを中心に-」(金子書房、共著)、「伝説のセラピストの言葉」(コスモス・ライブラリー、共著)、「ジェンドリン哲学入門」(コスモス・ライブラリー、共著)、「スタンダード臨床心理学」(サイエンス社、共著)、訳書に「エビデンスにもとづくカウンセリング効果の研究」、「心理臨床への多元的アプローチ」(いずれも監訳、岩崎学術出版社)など。 (上村)