2013年9月アーカイブ

長野県戸隠高原で8月下旬に開かれた日本フォーカシング協会の総会兼フォーカサーの集いに行ってきました。

私は「書くこととフォーカシング」の出店をしました。いらしたみなさんは、結構、良い体験をして、新鮮な見方を得られたようで、うれしかったです。望月さんの「トラウマのいやし」の出店では、トラウマを背負った人の話をどのように聴くか、熟達した臨床心理士である望月さんの答えや表情、間の取り方に感銘を受けました。しばらく、間をとり、「でも、今、生きているんだよね」と言い、一緒に道端の小さな草花の生命にも喜びを感じられるようになれば、一歩前進という話でした。精神分析や認知行動療法の「焼き直し」のような最近流行の技法も紹介しましたが、フォーカシングの本質を生かし、「最後は祈るしかない。そこから先は仏教でも神道でもキリスト教でも通じる」というお話にも、納得しました。

 戸隠高原は、平安時代から仏教と神道が混合で信じられた聖地です。奥社の参道を歩きながら、自然のふところの大きさに、忘れていた遊び心や余裕を取り戻した気分になりました。それは、日笠摩子さんの出店のゴルビー人形に自分を表現していった際に、元気な子どもの自分を見出したこととも通じるようです。

 参加者の皆様、奥社入口まで車に乗せていってくれたOさんを含め、今年も充実した3日間を与えてくれた方々に感謝します。本当にありがとうございました。

9月と10月の例会案内

9月の例会は、14日(第2土曜)午後1時30分より中央区北1西9リンケージプラザ2Fボランティア研修センター第1研修室で行われます。 10月の例会は、12日(第2土曜)午後同じくボランティア研修センター第1研修室の予約が取れています。 (小野)

9月の例会

14日午後1時半から、北1西9リンケージプラザで開きます。 「フォーカシングはみんなのもの」という新しい本に紹介されたゲームなどで、間をとることや、言葉を使わない傾聴の実習もしたいと思いますでの、ご参加ください。 (上村)