2013年8月アーカイブ

ホテルローヤル

| コメント(0) | トラックバック(0)

 江別在住の小説家、桜木紫乃さんの直木賞受賞作「ホテルローヤル」(集英社)を読んだ。

 桜木さんとは、私が留萌にいたころ、お会いした。質素なお住まいに、小さな陽だまりが差し込んでいて、笑顔で語られる話にとても将来性があるように感じた。オール読物新人賞を受けたものの、まだ、留萌市内では無名。転勤族の妻として、人知れずひっそりと咲いている大きな花のような印象を受けた。ストリップショーの面白さはそのころから話されていた。

 受賞作には、もの悲しいけど、ひたむきに、一生懸命生きる人たちが描かれている。人間の性のおかしく、もの悲しく、けど、捨てきれなない一部分を等身大に書きながら、もっと大きな人間そのものに迫っていく。決して、ポルノ小説に終わらない、奥深さが審査員も多くの読者も引き付けたのだろう。これからも、あるがままの人間を描き切ってほしい。

今、この二つのドラマの視聴率が高いという。私も「半沢」は今日を含めて2回、あまちゃんも先週はほぼ毎日見た。共通しているのは、視聴者を飽きさせない展開というか、新鮮な切り口にある。それでいて、「半沢」は、希望ポストへの異動というサラリーマンにとって最大の関心事を、刑事告発という公的な手段よりも主人公が優先する姿に、現実の自分の一部を見た人も多いだろう。「あまちゃん」は、かつてのアイドルでいまや大女優の薬師丸ひろこと、小泉今日子の堂々とした演技が笑わせるし、AKB48を企画した実在の人物をほうふつとさせる太巻こと、荒巻役の演技もさえている。挿入歌の潮騒のメモリーがCD売上2位にランクされるなど、視聴者を双方向の熱気が感じられる。

8月の例会

8月の例会は、10日(土)午後1時半から、リンケージプラザ2階の第1研修室で開きます。12月まで毎月、第2土曜に同じ部屋を予約ずみです。 (上村)