2012年6月アーカイブ

宮城からの取材者

| コメント(0) | トラックバック(0)

6月16日から富良野演劇工場で開演する富良野グループの芝居「明日、悲別で」を取材に、宮城県からTV局と新聞記者が来ていました。(6月8日取材)

宮城テレビの斎藤靖江プロデューサーは、震災後、被災者を励まそう、元気づけようと、県内で頑張っている人を取り上げる番組を随分作ってきましたが、県内でも被災地によって被害の程度は違い、家族によっても違い、県民がバラバラになっていく現状に限界を感じていました。そんなとき、7月に宮城県をはじめ東北3県で無料公演される「明日、悲別で」に出会い、富良野へ2泊3日の取材を3度も重ねるうちに、見えてきた答えがあるそうです。この芝居では、廃坑跡に「希望」のカプセルを見つけようとする人も、そこに汚染されたがれきという「絶望」を埋めようとする人も、最後に一つになり、彼らのご先祖さまたちとも一体になります。故郷を思う気持ちがあれば、いったんそこを離れてばらばらになっても、最後は一つになれるというメッセージに救いを見出したそうです。

 新聞記者は、被災地区の住民がボランティアで出している「復興新聞」の編集長、格井さんです。格井さんは、この芝居のテーマである、人間の本当の希望は、体の中のエネルギーを使うことにある、ということを、希望を失いかけている、持ちたくても持てないでいる被災者に届けたいと思ったそうです。からだの中の前向きのエネルギーというと、フォーカシングでいう前進する小さな一歩、ステップではないでしょうか。この芝居を書いた倉本總さんは、このテーマを米国の作家、アーサー・ヘイリーの「エネルギー」から得たといいます。

 2人から、被災者に伝えたいものを求めて富良野まで来ている、前向きのエネルギーを感じました。生命のエネルギーです。これこそ、倉本さんと富良野グループが、この芝居で伝えたいものでしょう。倉本さんや俳優に肉薄取材する二人に、「あなたたちも、こんないい芝居が地元にあるのをもっと伝えては」と、励まされたような気がしました。