末武さんからジェンドリンの理論を学ぼう

 ◇7月22日(土)と23日(日)に法政大の末武康弘教授を札幌の道民活動センターかでる27に招いたワークショップを開きます。末武さんは、ジェンドリンの哲学の主著「プロセスモデル」の臨床的意義や、「TAE(エッジで考える)」をセラピー分析に適用した研究もしています。ワークショップのテーマは、「プロセスモデルとTAEが私たちの生き方やセラピーにもたらすもの」です。募集要領や詳細は、上の「ワークショップ」をクリックしてください。 

 ◆米国の哲学者・心理学者で心と体を結びつけるフォーカシングを創始したユージン・ジェンドリンが5月1日(米国時間1日午後、日本時間2日午前)、ニューヨークで亡くなりました。90歳です。

   ◇7月の例会は、末武さんの研修会があるので、開きません。

  ◇日本フォーカシング協会会長で、フォーカシングコーディネーターの堀尾直美さんを招いたワークショップを10月8日(日)と9日(月祝)に札幌市の道民活動センターかでる27で開きます。堀尾さんは東京の日本精神技術研究所でフォーカシングを教えており、日精研の体系的なプログラムに通じています。

 池見陽・関西大教授を招いたワークショップを2014年6月に札幌で開きました。 その中で、フォーカシングとクライエント中心療法の関係や、クリアリング・ア・スペース、体験過程尺度(EXPスケール)について池見さんが語った内容をこのホームページ下段に入口がある上村のブログ(私の友達)に掲載しました。 デモンストレーションも参加者の許可を得て、池見さんが監修し載せています。このデモンストレーションは、池見さん編著の新刊書、「傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング ●感じる・話す・聴くの基本」(2016年、ナカニシヤ出版)に掲載されました。

       *                        *

 フォーカシング(Focusing) は、静かに、心に感じられた「実感」に触れ、そこから意味を見いだす方法です。ユージン・ジェンドリン(Eugene Gendlin 1926年12月25日~2017年5月1日)の心理療法の研究によって生み出されたこの方法は、心理療法や自己理解、夢理解の方法として米国をはじめ、ヨーロッパほぼ全域に普及しています。 札幌フォーカシングプロジェクトは、フォーカシングを愛好し、生活や個人的成長、社会の構築に役立てる一般市民・カウンセラー・研究者・臨床家の会です。フォーカシングに関心をお持ちの方でしたら、どなたでも参加できます。

■札幌フォーカシングプロジェクト(SFP)とこのホームページについて

 札幌フォーカシングプロジェクト(SFP)は、2001年春に設立されました。毎月1回の例会(練習会)と、年に1~3回、講師を招いてワークショップを開くことを主な活動とし、人生を豊かにするフォーカシングとリスニングの体験、練習を重ねています。例会の参加条件は、①自分の体験を話す②人の話を心をこめて聴く-この二つの役割を果たすことです。

        *                *

 ◎札幌フォーカシングプロジェクト会則(2003年制定)-4項目

➀フォーカシングを楽しみながら体験・練習し、それを個人的成長や日常生活、

職業活動、臨床活動、学術研究に役立てる人たちのための会です

②相互交流と相互啓発を目指します

③北海道におけるフォーカシング活動のグループであり、日本フォーカシング協会

など、日本各地のフォーカシング活動との連携をはかります

④業務としてフォーカシングに関する教育講習を行う機関ではありません

      *                  *

 会では、三つのルールを大切にしています。①(安全)話されたことの秘密を守る。聴いた人からは当日も後日も決して話題にしない。相手を批判しない。練習の場なので、失敗は当然②(平等)経験や学習の長短を問わず、時間などを平等にする。話し手と聴き手を同じ時間やる。シェアリングの時間もできるだけ同じに③(体験から)理論や過去のワークショップでなく、今、ここでの自分の体験から語るの三つです。

  このホームページの下段バーにはSFPメンバーによるブログへの入り口もあります。

 ■傾聴とフォーカシングについて

 傾聴(リスニング)は、アメリカの心理学者、カール・ロジャーズが提唱した独特の聴き方です。話し手の話を、聴き手が鏡のように伝え返しながら、まだ言葉になっていないけど感じられた意味(フェルトセンス)を言葉にしていく方法です。ロジャーズは人格の肯定的な変化が起きる人間関係の特質を、①共感②無条件の肯定的関心③自己一致(純粋性)という聴き手の態度の3条件として示しました。

 シカゴ大学でロジャーズと共同研究したジェンドリンは、カウンセリングの成功、不成功の違いを録音から客観的尺度で評定しました。成否は、「3条件」とは関係がなかったのですが、話し手の話し方と相関関係があることを見出したのです。「これは、う~ん…」などと、まだ言葉になっていない実感に触れる話し方をしている人は、人格の変化につながる深い体験をしていたのでした。こうした話し方を自然に身についている人と、難しい人がいますが、だれでも練習によって身につけることができれば、人間としての成長につながるはずです。その方法としてフォーカシングを提唱したのです。上村の下記ブログに関連論文の要約を載せています。

 傾聴やフォーカシングを学び、身につけて、生活や仕事、社会奉仕に生かしたいと思っていらっしゃる方は、札幌フォーカシングプロジェクトの例会やワークショップに参加し、体験してみることをお勧めします。このホームページ上段の「はじめての方へ」をクリックして、そこに挙げられている本を読んだり、リンクしてある日本フォーカシング協会などのホームページをご覧になったりするのもいいでしょう。