12月の例会は14日

  ◇12月の例会は14日(土)札幌市社会福祉総合センター3階の第2会議室で午後1時半からです。終了後、有志で忘年会を開きます。

  ◇2020年度の日本フォーカシング協会フォーカサーの集いを2020年(来年)6月20、21日に札幌の北大学術交流会館で開きます。同会館は、正門を入って左側で、中央ローンの手前にあります。20日午前中には、市民向け公開講座を開き、日本のフォーカシング界の第一人者、池見陽関西大教授が講演します。公開講座は、どなたでも聴講できます。

 ◇上のバーの「News配信」をクリックすると、画面が開きますので、ご自分のメールアドレスなどを登録していただけると、例会やワークショップなどの案内が配信されます。

◇フォーカシングとは何でしょうか?

フォーカシング(Focusing) は、個人がフェルトセンス(felt sense)という自分の心身的な実感に触れ、その意味をつかみとっていくプロセスです。フォーカシングでは、まだ、はっきりしていないもの、それに見合ったぴったりした言葉を持てていない何か、でも、からだの中に感じることができる何かと、一緒にいる時間を過ごすようにします。アタマでは気づいていない、からだの中にある知恵とやりとりするのです。注意をからだの内側に向け、特定の状況、関係、個人などにどう対応しているか、について注意を向けていきます。

 日常の生活で出会うすべての状況は大きいことであれ、ささいなことであれ、ある体のセンス(感じ)をもたらします。フォーカシングでは、このからだの微妙な意味感覚にどうやって注意を向けていくのかを学びます。

 たとえば、みなさんが外部の研修や講座を受ける部屋に入ってきて、座る椅子を決めたとき、どうしたでしょうか。なんとなく、このへんという感覚で決めたでしょう。アタマで、縦何列、横何列の椅子があるから、何列目にしようと考えたわけでないでしょう。その日の自分の体調や気分で、もっとも快適そうなところを感じたのではないでしょうか。

 何となく、というようなあいまいな感じに、う~んと言って、とどまるようにすれば、次への正しいステップについての感じが生まれます。この点について、人間は多くの知恵を持っており、フォーカシングはその知恵に近付く方法なのです。

 この知恵は、からだの中にあります。この知恵に近付いていくには、体に注意を向ける必要があります。ここでいうからだは、胃や腸のような内臓器官そのものではありません。ある気になることについて、のどから胸、お腹にかけての感じに注意を向けていると、アタマで考えたのとは違う情報を得られることがしばしばあります。フォーカシングは、ふだん人々が考えがちな分析的な、物事を要素に分解して原因を突き止める方法をときに無視してよいこと、体験に関するからだの声に素直に向き合ってよいことを認める方法です。

ユージン・ジェンドリン(Eugene Gendlin 1926年12月25日~2017年5月1日)の哲学と心理療法の研究によって生み出されました。この方法は、現在までに心理療法やカウンセリングをはじめとして、教育、セルフヘルプ、能力開発などさまざまな分野で広く活用されています。札幌フォーカシングプロジェクトは、フォーカシングを愛好し、生活や個人的成長、社会の改良に役立てる一般市民・カウンセラー・研究者・臨床家の会です。フォーカシングに関心をお持ちの方でしたら、どなたでも参加できます。例会参加は2回までは無料、3回目から会場費を兼ねて、年会費千円をいただいています。

 ■札幌フォーカシングプロジェクト(SFP)とこのホームページについて

  札幌フォーカシングプロジェクト(SFP)は、2001年春に設立されました。毎月1回の例会(練習会)と、年に1~3回、講師を招いてワークショップを開くことを主な活動とし、人生を豊かにするフォーカシングとリスニングの体験、練習を重ねています。例会の参加条件は、①自分の体験を話す②人の話を心をこめて聴く-この二つの役割を果たすことです。

     *                *

 ◎札幌フォーカシングプロジェクト会則(2003年制定)-4項目

➀フォーカシングを楽しみながら体験・練習し、それを個人的成長や日常生活、

職業活動、臨床活動、学術研究に役立てる人たちのための会です

②相互交流と相互啓発を目指します

③北海道におけるフォーカシング活動のグループであり、日本フォーカシング協会

など、日本各地のフォーカシング活動との連携をはかります

④業務としてフォーカシングに関する教育講習を行う機関ではありません

      *                  *

 会では、三つのルールを大切にしています。①(安全)話されたことの秘密を守る。聴いた人からは当日も後日も決して話題にしない。相手を批判しない。練習の場なので、失敗は当然②(平等)経験や学習の長短を問わず、時間などを平等にする。話し手と聴き手を同じ時間やる。シェアリングの時間もできるだけ同じに③(体験から)理論や過去でなく、今、ここでの自分の体験から語るの三つです。

  このホームページの下段バーにはSFPメンバーによるブログへの入り口もあります。

 ■傾聴とフォーカシングについて

 傾聴(リスニング)は、アメリカの心理学者、カール・ロジャーズが提唱した独特の聴き方です。話し手の話を、聴き手が鏡のように伝え返しながら、まだ言葉になっていないけど感じられた意味(フェルトセンス)を言葉にしていく方法です。ロジャーズは人格の肯定的な変化が起きる人間関係の特質を、①共感②無条件の肯定的関心③自己一致(純粋性)という聴き手の態度の3条件として示しました。

 シカゴ大学でロジャーズと共同研究したジェンドリンは、カウンセリングの成功、不成功の違いを録音から体験過程尺度(EXPスケール)で評定しました。成否は、「3条件」ではなく、話し手の話し方と相関関係があることを見出したのです。「これは、う~ん…」などと、まだ言葉になっていない実感に触れる話し方をしている人は、人格の変化につながる深い体験をしていたのでした。こうした話し方を自然に身についている人と、難しい人がいますが、だれでも練習によって身につけることができれば、人間としての成長につながるはずです。その方法としてフォーカシングを提唱したのです。

 傾聴やフォーカシングを学び、身につけて、生活や仕事、社会奉仕に生かしたいと思っていらっしゃる方は、札幌フォーカシングプロジェクトの例会やワークショップに参加し、体験してみることをお勧めします。このホームページ上段の「はじめての方へ」をクリックして、そこに挙げられている本を読んだり、リンクしてある日本フォーカシング協会などのホームページをご覧になったりするのもいいでしょう。

 

 

月別 アーカイブ