ホーム > 南こうせつコンサート

南こうせつコンサート

  • 投稿者: 上村
  • 2009年1月12日 22:19

南こうせつのコンサートに行ってきました。札幌教育文化会館大ホールは、今年、デビュー40周年と還暦を迎えたこうせつと同年代のおじさん、おばさんを中心としたファンでいっぱいでした。

「神田川」などかぐや姫時代のヒット曲に混じって、新曲も披露しました。タイトルは忘れましたが、軒下の安全な場所に雨宿りしていないで、ずぶぬれになっても、自分の目標や理想に向かっていこうというメッセージがこめられています。最近の私は、冷たい雨や雪に心も沈んで、目標を見失いがちだっただけに、励ましをもらった気がしました。また、ひとりぽっちの人の上にも満天の星空があるよ、というメッセージソングも良かったです。こうせつが60歳という年齢だからこそできた歌だそうです。

アンコール3曲のあとも拍手はやまず、最後の最後に私も一番歌ってほしかった歌を聞けました。NHKテレビの「北海道中膝栗毛」のテーマ曲です。こうせつは涙ぐんで、何度も歌えなくなりました。そして、「この歌詞はいいですね」、と言うのです。「久しぶり会う人は、みんな優しく、羽のように両手広げて迎えてくれるだろう」「この町を出るときは気づかなかった。薄紫の花が咲いている、だれかを待つように」。こうせつは大分県出身ですが、大分にはキャノンの工場もあります。そこで、派遣切りにあった北海道出身者が、北海道に帰る交通費もなく、警察に保護されたという話をしました。北海道の故郷の人が、優しく迎えてくれるだろうという、この歌を胸がいっぱいになって、歌えなくなり、またファンの拍手に励まされて、歌いました。

私も涙が止まりませんでした。この歌は、若いころから、札幌の道新本社で夜、朝刊の編集作業をしていると、近くのテレビから流れてくる歌です。今もこの番組で使われていますね。毎年夏、岩見沢で開かれるフォークジャンボリーでも、こうせつが必ず歌う一曲で、私はこの歌にいつも、涙が出るのです。土地が広くて人が少なく、厳しい自然の中で生きる北海道の人の優しさを歌った大好きな一曲です。田舎育ちのせいか、よけい響いてくるのでしょうか。フォーカシングに結び付けて終わるとすれば、この歌を聴くと「涙が出るような何か」が私の内側にあるのですね。

 

 

 

コメント:3

泉屋 Author Profile Page 2009年1月21日 14:06

「試しに」コメントをつけてみることにしました。
読むと損をするかも知れませんので、お時間のない方はお読みにならない方が良いかも。

こうせつは「かぐや姫」時代から聴くことが多かった歌手の一人です。
中学1年のときに「酔いどれかぐや姫」で知りました。
「♪青い青い月の夜~ほろり酔いどれかぐや姫 ♪うつろな笑いを浮かべ怪しい言葉を投げて~」でした(確か)。
買ってもらったばかりのギターで練習し、クラスのお楽しみ会で弾き語りをやりました。
まぁこれはウケ狙いで歌ったのでしたが、ほんとうはこのB面「あわれジャクソン」や、別シングルのB面「マキシーのために」
などの方が好きだったのです。それぞれの歌いだしは・・・

♪大きな川の向こうの村に小さな愛がありました♪
♪マキシーそれがお前のあだ名さ♪

今思えば、その、好きだったほうの曲たちが今のこうせつに通じている気がします。
高校時代は、2年のときに友達と組んだフォークデュオで、こうせつ(かぐや姫)をずいぶんやりました。
♪泳ぐ魚の群れに石を投げてみた 逃げる魚たちには何の罪があるの♪(「あの人の手紙」)
♪君の笑顔の向こうにある悲しみは ぼくの届かないところにあるものなのか♪(「ぼくの胸でおやすみ」)

聴くのももちろん好きですが、どちらかといえば自分で弾き語りをする構えで付き合っていました。
ソロになってからも「今日は雨」「愛する人へ」「夏の少女」「夢一夜」「思い出にしてしまえるさ」「美映子」
あたりまで聴いていました。これが1980年ですが、このころからしばらく外界と接触している気配がありませんねぇ。
会社員になれたのは1982年4月で、3カ月後には26歳になってしまいます。
今年で53歳だから、倍以上(!)年をとったことになりますね(笑)。

上村 Author Profile Page 2009年1月21日 21:20

泉屋さんのギターの弾き語りで、こうせつを聴いてみたいですね。暮れに職場の忘年会で、おじさんバンドが活躍しましたが、歌える人はかっこいいです。
泉屋さんは1980年から、「しばらく外界と接触していない」そうですが、その間に、カラオケのレパートリーを数万曲に増やしたそうですから、たいしたものです。
私は、高校生時代、同級生数人がクラスの代表として学校祭に出て、かぐや姫などの曲を歌うのをあこがれのような気持ちで聞いていました。

Author Profile Page 2009年1月26日 07:34

機会があれば、ぜひ私も、泉屋さんのギターの弾き語りで、こうせつを聴いてみたいと思いました。

コメントフォーム

Trackbacks:0

このエントリーのトラックバック(参照)用URL
http://sfp.la.coocan.jp/mt.4.22/mt-tb.cgi/18
以下のブログでこのエントリーが参照されています。
南こうせつコンサート from こんにちは、私の友達

ホーム > 南こうせつコンサート

検索
購読

ページの先頭に戻る