ホーム

勇気100%

ジェンドリン講演の録音テープ

  • 投稿者: 上村英生
  • 2017年5月15日 20:44

  両親の実家を壊して改築することになり、実家に置きっぱなしだったものを整理しています。大半が、ごみで捨てるのですが、貴重なものも見つかっています。

 両親がとっていてくれた私の子供時代からの作品や成績表も、母の書いた育児日誌とともにありました。実家に置いたまま、ホコリをかぶっていたカセットテープやMD、CDを廃棄しようとしたところ、中にジェンドリンの来日講演とワークショップの録音テープがありました。

 私が1984年ごろ、「フォーカシング」の本を読んだあと、もっと勉強したくて、購入したものです。当時は、ほかに本も教材もありませんでした。通訳つきで、話の内容は、今もとても新鮮に聞くことができます。生のジェンドリンの声を聴いたことがない方は、ぜひ、一度、お聞きください。セラピーが成功した人はどこが違うのでしょうか。単に内面に注意を向けて、内面的なことや感情を語っているかが分かれ目ではないのです。ジェンドリンが、言葉にはすぐならないが、からだで感じられるものについて、ゆっくりしたペースで語っています。ああ…捨てないで良かった。

桜の散りかけた中で

  • 投稿者: 上村英生
  • 2017年5月 6日 22:20

 札幌フォーカシングプロジェクトの5月例会は、6日開かれ、篠宮さんの発案で、最後に全員でジェンドリンの冥福を祈って黙とうしました。会場の札幌市総合福祉センターの窓からは、大きな桜の木に花が咲いているのを見られました。少し、散り始めていたようです。人間の死はだれにも避けられないこととは言え、散りゆく桜を見ながら、フォーカシング創始者がこの世からいなくなったことに、あらためて深い悲しみを感じました。

ジェンドリンの逝去を悼んで

  • 投稿者: 上村英生
  • 2017年5月 2日 20:07

  父が亡くなった時、母が亡くなった時を私は一生忘れない。それと同じように、ジェンドリンの死も、今は、受け止められないが、やがて、生涯忘れられない悲しい出来事として残るだろう。

 彼の業績については、多くの先生たちに譲るとして、私は新聞記者として2005117日にニューヨークでインタビューした記憶をたどりたい。

 当時、78歳の彼は、70代には見えない精かんな印象を受けた。

 当地で開かれていたフォーカシング資格認定ワークショップ(ウイークロング)に同行した三宅麻希さんが通訳し、写真も撮ってくれた。

 「フェルトセンス」を新聞の読者向けに、わかりやすく説明してもらおうとする私に対して、彼は言葉にこだわらず、その意味するところを、自分なりの表現で説明すればいいと話してくれた。

――「フェルトセンスという言葉を使うかどうかじゃなくて、自分の経験としても、フェルトセンスがどういうものかというのは、あると思うから、そういう言葉を使うとしても、ちゃんとそういう言葉を説明したほうがいいと思うよ」(ジェンドリン)

 いつも本で覚えた訳語を使わなくても、「なんか、胸やおなかのあたりで待ったをかける感じ」とか、「むずむずして、どう言ったらいいかわからない感覚」とか、もっと自由に自分の体験から語っていいというのだ。

 「フォーカシングを習うにはクライエントである必要はない」という彼の本の記述についても尋ねた。

――「私はあなたがすべて1人でできるということを意味するつもりはありません。あなたと議論したり、彼らの考えをあなたに言おうとしたりせずに、あなたの話を聞くことのできる人と相互作用することが重要です。あなたのフォーカシングパートナーは、セラピストでなくても、専門家でなくても、何かを知らなくてもかまいません。あなたの話を聞いて、彼が理解できないときにあなたにそれを言うことがすべてです。そして、それから、あなたは対抗する人とも相互作用をもつ。どんなこととも相互作用をもつことが大切で、あなたが考えている極端に感じる何かとさえそうです」(ジェンドリン)

 とかく、フォーカシングは内面だけに注意を向けると誤解されがちだが、彼は相互作用を強調した。「インタラクション ファースト」の哲学的な大切さに当時、私は気づいていなかった。今になって、彼の言葉が、難しい状況に向かう励ましになっている。

 今年3月、私は62歳になってフォーカシングにまつわる修士論文を書くことができた。ジェンドリンを知らない周りの大学院生に、今生きている偉大な研究者であり、思想家でもあることを知らせたいという願いを、生前に果たせた。2017年は、「フォーカシング」に出合って32年の私にとって、節目の年として刻まれるだろう。

 これまでの人生を振り返ると、彼がいて、フォーカシングがあったから、心の杖がいつもあった。彼が、いなかったらどうだったか、想像もつかない。残る人生、彼の言葉を単に真似るのではなく、自分の言葉で伝えていく、ジェンドリン哲学の一伝道師になりたい。

ジェンドリンはこうやってロジャーズに背中を後押しされた

  • 投稿者: 上村英生
  • 2016年9月 1日 06:44

 フォーカシング創生期の二つの流れ~体験過程尺度とフォーカシング教示法の源流~

 田中秀男 池見陽(関西大大学院心理学研究科)、サイコロジスト:関西大学臨床心理専門職大学院紀要2016年、第6号、P9~17

 

 クライエントが「いかに話したか」に関するリサーチには、ジェンドリンは最初から主導的な立場で参加していた。しかし、「ある種のクライエントたちへの治療は失敗することが予測できてしまう」ことに関する別のリサーチには当初は抵抗を示していた。

 1956年にジェンドリンらが発表したリサーチ「セラピーにおける過程と結果のカウンセラーによる評定」に注目する。治療の成功と関係なかった項目は、クライエントが「治療関係をとりわけ話題にしていたか/現在のことを話題にしていたか」だった。これは、セラピストがよって立つオリエンテーション(ロジャーズ派、フロイト派など)によって違ってくると予想された変数だった。治療の成功と相関があった項目は、クライエントが「治療関係から新しく重要な体験が生じたか」「感情を直接的に『表現した』か/感情について『報告した』か」だった。これらの変数は、ジェンドリンらによる新しい尺度で、“いかに”話したかに関する変数だった。

 この学会発表の基盤には55年の理論論文があり、クライエントの話の内容とは別の変数を取るべきという仮説が提示されていた。しかし、この論文には難点もある。セラピーが進みさえすれば、クライエントの体験過程はおのずと「構造拘束的」から「プロセス的」になるとされる。今日のフォーカシングの立場を比べて楽観的である。ある種のクライエントはセラピーで失敗が予想されるという事態は想定されていないからだ。

 シカゴ大で上記とは別の流れもあった。ある種のクライエントはロジャーズ流のセラピーで失敗が予想されるというリサーチで、ウィリアム・カートナーが主導した。その研究成果は、「感じられた不安の原因や解決を」、成功するグループは「自己の内部に」、失敗したグループは「外に求める」という結果だった。

 カートナーの修士論文提出(55年)の翌年、シカゴ大カウンセリングセンターでの出来事をジェンドリンが2002年に回想している。それによると、「研究結果を配布されたとき、スタッフは一同激怒した。面接が始まって数回で、このケースが失敗するかどうか、おおよそ見当がついてしまうというのである。きっと何かの間違いではと、私たちは口々に言った」「ロジャーズだけが、じっと黙っていた。そして『事実はいつだって味方だよ』と言った。ロジャーズのオフィスに行き、私が食ってかかろうとしたところ、ロジャーズからこう言われた。『今回の研究結果が、きっと次の研究の足掛かりになると思うよ』」

 「部屋を出ようとして、ふたりドア口に立ったところで、ロジャーズは私の肩にぽんと手を置き、ぐっと力を入れながらこう言ってくれたのである。『ほら、ここから先をどう進んでいけばいいかはきっと“君が”見つけ出す、私はそう思っているよ』」

 クライエント側の条件を見出すように、ジェンドリンの背中を後押ししたのがロジャーズだったと言えるだろう。

 話の内容ではなく、“いかに”話したかに絞ってその後の研究が進められ、先に挙げた「感情の『表現』/報告」はのちの体験過程尺度のレベルの高低に受け継がれた。

 ウィスコンシンでの統合失調症プロジェクトの成果としてジェンドリンは有名な論文「人格変化の一理論」を公刊(1964年)した。ジェンドリン(64年)において、「“いかに”話したか」のリサーチ結果から、成功するクライエントの中で起こっている現象を記述して「フォーカシングの四つの位相」と名付けた。心理療法が成功するためのクライエント側の条件を論述できたという意味で、カートナーの問題提起にこの時点でようやく応え始めたと言える。次の段階として、ジェンドリンは四つの位相が起こりにくい話し手を手助けするためのマニュアルに着手する(68年)。この段階ではまだ機械的で自動的な教示の羅列にすぎなかった。これに改良が加えられた結果、フォーカシング教示法(81年)へと発展するに至るのである。

 一般に、ロジャーズの理論がセラピストの態度を中心に据えているのに対し、ジェンドリンの理論はクライエント個人の体験過程が中心であると、論じられている。しかし、実際に、当初はカートナーによる「クライエント側に別の条件が必要」というリサーチ結果をあっさり認めたのがロジャーズであり、抵抗を示したのがジェンドリンだった。

タウンと人間的な注意~ジェンドリンの講演から

  • 投稿者: 上村英生
  • 2016年8月27日 22:13

 タウンと人間的な注意human attention

 ジェンドリン、2006年、第1回フォーカシング研究所サマースクールで発表

(ナダ・ルー収録のDVDより)

 

 私たちは人類の巨大な発展の最初の段階にいる。世界中で一般大衆の信じられないほどの発展ぶりがあった。

農業から製造業への転換の中ですべて変わった。大きな人々の進歩が内面的にも外面的にもあった。そして、それは再び起ころうとしている。

今は、製造業にいてモノをつくるのは、人口の5%で十分。私たちは何をしているのか。新しい製品だろうか。私は「人間相互間の注意」と呼ばれると思う。発展した国で人々がしていることは、お互いに注意を向け合っていること。これを「サービス産業」とか、「ビジネス世界」という人もいる。たいてい、一日中、会議を開いていたり、互いにまわすメモを書いていたりしている。

 産業の最初の転換期に新しい人々は都会に住んだ。そこで、私は、新しい言葉で、私たちを「タウン」と呼ぶ。すべての心理学的な洗練、すべての人間相互間の訓練、すべてのセラピー、これらすべてが「タウン」。私たちは「人間的な注意」という新しい製品を生産している。注意を向けることの中にあるのがフォーカシングで、注意の質を上げることの専門家が私たちだと、私は考える。

 私たちは村民でも経営者でも話を聴く人にはだれにでもフォーカシングを教えているが、まだ互いを「タウン」だとさえ考えていない。私が「ただフォーカシングするだけでなく、他のことを学んでください」と言い続ける時、「タウン」について話している。あなたがフォーカシングだけ学ぶなら、私たちはみんな、切り離されたものであり、それは決して真実ではない。私たちが一緒になってこそ、世界に変化が生じるのだ。

 私が知っている非常に多くのフォーカシングをする人々がもはや新聞を読んでいない。それではあまりにも傷つく。彼らはそれについて何もできない。新聞を読みましょう。

 私たちが発展させている新しいプロセスがTAEである。これは、新鮮な思考ができることを教えている。もし、あなたが、言葉が外に流れ出るのを認めるようにしたら、その時、異なる部分を展開させるだろう。

 この哲学全体が、あなたに気づかせる。あなたは、現実とか、人々、あなた自身、子ども、何についてでも、心を配るだろう。それは、カテゴリー(範疇)には入らない。彼らがあなたに与えたカテゴリーにとどまる必要はない。あらゆることに責任ある人々が、まだカテゴリーの中で考えているので、あなたは、それがうまくいかないのは当然だということを知るだろう。でも、あきらめないようにお願いしたい。なぜなら、ものごとは変化しており、とても面白い。あなたは、だまされなければ、それについて考えることができるからだ。

ジェンドリン哲学について(三村尚彦関西大教授の講義から)

  • 投稿者: 上村英生
  • 2016年8月26日 07:27

 ジェンドリン哲学について

       (2015年6月6、7日・大正大で、三村尚彦関西大教授のワークショップ)

1 哲学者としてのジェンドリン

 ディルタイの研究で修士号(1950)、論文「象徴作用における体験過程の機能」(1958)で博士号を習得。これが後に「体験過程と意味の創造」(ECM)となって出版された。カール・ロジャーズのもとでカウンセリングの実習に参加。カウンセリングが成功するケースの共通した特徴として「自分自身の体験そのものに触れていること」を見出し、それを哲学的な考察によって基礎づけたのが、体験過程理論(Theory  of Experiencing)である。心理学の主著「フォーカシング」は販売部数50万部以上、18カ国語に翻訳されている。90年以降、ジェンドリンの仕事は再び、哲学中心となっている。

 シカゴ大の学部生のとき、対立する立場にある人々とコミュニケーションをとる方法を開発した。まず、その人の考えを丸ごと受け入れる。さらに自分の論点を表現するために、意図的に相手の用語を使う。相手に全面的に同意するわけではなく、自分の論点以外の議論はすべて保留する。ジェンドリンにとって、同一の論点は対立する二つの体系の共通項ではなく、むしろ存在せず、それぞれが一つの理解なのだ。彼の方法の半分を現象学者が共有していると感じて、現象学者と自認した。ある考えがさまざまに表現、定式化できる。その表現のうち、どれが最短でいけるかは、論理的哲学。「さまようことが重要だ、理解はオープンなんだ」というのがジェンドリン。主著の「プロセスモデル」も、(A Process Model)で、「The」でない。私の説明は一つの説明でしかない。

ジェンドリン哲学のすごさは再帰性reflexivity にある。かたまりのどこかに焦点を当てていくが、どれでもOK。自分で語ったことが自分に降りかかってくる。その人に与えられている、現象を手掛かりにして、哲学する。理論と哲学的実践は相互作用していく。「わかりやすい授業とは、大きな声ではっきりと」と、大きな声ではっきりと伝える。

 ディルタイ哲学から、理解がもつ創造性という観点を獲得。同じ論点を異なった仕方で語るジェンドリンの方法が、創造的なものと特徴づけられるようになった。

2 どのようにして体験過程理論、フォーカシングを提唱するに至ったか

 自然科学は自然を説明する。精神科学は人間とその心的生を理解する。精神科学を遂行する人間存在が、人間的生を理解しようとするから、自分で自分を理解するという構造を持つ。ディルタイは説明と理解を区別しようとした。精神科学が扱う人間的なものは、周囲のさまざまな対象や他者と何らかの関係を結ぶことで有意味になる。ディルタイの「体験の構造連関」からジェンドリンが取り出した問題は次の三つ。

 ➀体験したことが、その後の体験に多大な影響を及ぼす「再帰性」②体験の流れは全体としては良いものに向かうという目的論的方向性③全体と部分の循環的関係

 意味は言語によって担われ、言語によって思考や体験が生じるとする英米系の分析哲学の勢力圏にあるシカゴ大学で哲学を修めたにもかかわらず、ジェンドリンは、こうした特徴を共有しない「意味論」「言語哲学」を展開した。現象学とディルタイ哲学から多くのものを引き継いでいるからだ。「意味は単に事物についてのものだけではなく、ある論理的な構造だけでもなく、むしろ感じられた体験過程を含んでいる」(ECM)という。

3 ジェンドリン哲学と現象学のつながり

 ジェンドリンはフッサールから、具体的、日常的な体験の記述が哲学であることを引きついだ。メルロ・ポンティからは心は内部、身体は外部という二元論的な考えの否定を継承した。ハイデガーからは、一般的に考えられている認知とは異なる自己了解と世界了解があること、それらは気分、雰囲気など前言語的であることを学んだ。ジェンドリンが現象学に新たに付け加えたものは、体験の直観と記述の関係に対して、ダイナミックな進展(carrying forward)という観点だ。体験をありのままに記述するフッサールの現象学的記述は、その記述を超えていく変化をもたらし、前進として自覚するべきだという。

 ジェンドリンの最も優れた考察態度は、実体論的思考をしないで、機能的なとらえ方をすることに特長がある。実体論とは、項目を想定し、それ自身が単独で存在しているとみなす。機能的は、その都度の状況や環境の中で、先に関係からみていく。どの時か、今どういう場面かに応じて、意味やシンボルが変わっていく。たとえば、サッカーは選手がポジションに縛られない。状況によって役割が変わる。

 ジェンドリンの言う「身体」は、雰囲気や状況を理解する。肌で感じる、空気を全身で感じて、「あ、これは…だな」と理解する、これを「身体」という。言語や概念を介さないものをすべて「身体」という。「胸のモヤモヤ」だけではない。

 ナラティブアプローチと似ている。違うのはジェンドリンは、再帰性、つまり、フェルトミーニングをシンボル化すると、体験が変わっていくという。ナラティブは、語ることで物語を形成、構成する。歴史記述をすると、歴史がつくられる。ジェンドリンはそうすることで、歴史が変わっていくとまで言う。

4 「体験過程と意味の創造」詳論

 フェルトセンスは、「身体で漠然と曖昧に感じられているもの」と言った規定が与えられている。ジェンドリンは、意味は、対象の指示、感覚的知覚に尽きるものではなく、体験がかかわるという。前概念的な体験過程の次元と、論定的客観的な秩序の次元とが相互作用して意味が形成される。分析哲学では、意味は「富士山」など指し示す対象がある。「う~ん、う~ん」は意味をなさないとされる。真偽が確定できる。ジェンドリンは、前概念的な感じられた体験にも意味あるという。

 体験experience は体験の特定の内容。体験過程experiencingは、体験の働き、作用。体験過程は、本来的に注意を向けるというシンボル化と相互作用している。体験過程が状況への対応可能性として能力化することが、体験過程が存立するということ。

 体験過程を言い表す語としてECMで用いているのは、「感じられた意味 felt meaning」、「前論理的、前概念的な体験 prelogical,preconceptual experience」「感情 feeling」、「経験的なフェルトセンス experiential felt sense」などさまざまあり、ジェンドリン自身が同じことを多様に言えるということを大切にした。

 ■フェルトセンスとフェルトミーニングの違いについて

Felt meaning meaning は、言葉の意味。「身体的」というのはかなり薄い。「状況理解」が一番近い。この部屋に入ってきた人が漠然と感じるもの。ジェンドリンは、felt senseと同じ意味というのでも弊害は起きないという。senseは、 割と最初から「身体的」で「からだの感じ」なので、より広い意味。ECMでは出てくる文脈が違う。

 ある文章を読んだとき、その「意味meaning」をどのように感じるかと問う場面がECMP12にある。「あなたはその意味についての経験的な感じexperiential sense of its meaningをもつ。あなたはどこに、意味についてのそのような経験的感じを見出すだろうか」。ジェンドリンが主張したい「意味」は、体験されるものなのであって、言語哲学的に扱う対象(意味)よりも、はるかに広い概念。

 だが、アメリカという分析哲学が主流の地で、「意味」と言えば、言語哲学的に扱われるものに限定される傾向がきわめて強いこと、それゆえ、「感じられた意味felt meaning」にはかなり強く誤解(あるいは無理解)の危険性がつきまとうこと、これらをふまえて、彼自身が「感じられた意味」を放棄し、「フェルトセンス」という言い方に限定していった。

フォーカシングにみるジェンドリンの現象学(池見陽論文の要約)

  • 投稿者: 上村英生
  • 2016年8月26日 07:22

 「フォーカシング」にみるユージン・ジェンドリンの現象学

  池見陽(関西大臨床心理専門職大学院)

2011年「フッサール研究」第9号、P1-14

 池見陽氏と、岡村心平氏のデモセッションの逐語記録を基に、哲学者向けにフォーカシングを解説した論文である。ジェンドリンは96年以降は、哲学論文のみを執筆し、哲学者に伝えることに熱意を示している。

➀座った感じを確かめる=どこに、どういう風に座りたいかという、<からだの感じ>は、明在的な理由を聞かれてもはっきりした理由はなく、「なんとなく、ここがいい」というように、暗在的に指し示している。フォーカシングでは、話し手が語った明在的な言葉のみならず、暗在的に感じられた体験に注目する。

②体験は象徴を通して言い表されるが、象徴によって体験が再び呼び起こされ、体験が変化し、別の象徴によって言い表されてくる=ジェンドリンの理論では、体験は静止しておらず、体験過程(experiencing)として常に動いている。話し手の「ドキドキ」→「落ち着かない」→「そわそわ」と表現が変化してきている。ディルタイについて「体験、表現と理解は一つである」と強調している。「落ち着かない」という表現した後に過去の場面を思い出し、その表現では、暗在的な感覚を運びきれないことに気づき、「そわそわ」という別の表現に修正した。

③体験は概念のお仕着せを拒否できる=聴き手の理解がわずかにでもずれていると、話し手は理解を修正しようとする。「楽しみなんでしょうね」と、全く異なったかのように思える表現へと進展させている。

④他者の理解は暗在的に感じられる=カウンセラーは話し手の発言を注意深く聴きながらも、自分自身が感じていることにも注意を向け、そこに感じられているにもかかわらず、話し手の発言にはなかった表現を試しに言いあらわすことがある。

例)L:あ、ごめん、僕にはこういう風に聞こえたんだけど、あのなんか、新学期になったら、もっと穏やかに生きたいな、みたいな。

「あなたは、本当はもっと穏やかに生きたいのですね」といった概念のお仕着せにならないように、「僕に聞こえた」という個人的な印象として述べる。この例の発言の瞬間、話し手と聴き手は「交差」していると言えるだろう。

⑤気分的な自己理解の先を言いあらわす=フォーカシングでは、具体的に暗に指示された先を言い表そうと試みる。

 ⑥体験過程の方向性は暗に示されている=暗に示された可能性はなんでもよいのではなく、ある特定の方向にある可能性に開かれたときのみ、体験は質的に変化し、「腑に落ちた」感覚に到達する。この感覚をジェンドリンは実践的な用語ではフェルトシフト、理論的用語では「推進」(carrying  forward)としている=自らの在り方が見えた瞬間、少し興奮するような解放的な感覚を伴って「そうだったのか!」という気づきが生起する。

「傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング ●感じる・話す・聴くの基本」(池見陽編著、2016年、ナカニシヤ出版)

  • 投稿者: 上村英生
  • 2016年8月13日 20:21

 池見さんのタイトル名の最新刊について、要約を以下に掲載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 一般にはカール・ロジャーズの傾聴とジェンドリンのフォーカシングは別ものというとらえ方をされている。しかし、二つは一つのものだということがこの本で明示される。

 ロジャーズは<感じること>を強調した。しかし、<感じるとは何か、いかにあるのか>ということを記述していない。

 ロジャーズによると、中核条件はどんな心理療法でも、治療的な人格変化が起こるときに存在すると仮定している。それは、心理療法面接でなくても、親子関係にも、友人関係にも見られるとしている。中核条件=面接技法だとは考えていなかった。

「感情」「情動」「気分」などの用語が整理されずに用いられる中、ジェンドリンは、「フェルトセンス」あるいは「フェルトミーニング」という術語を用いて、人が「感じる」と呼んでいる体験の仕方を明らかににしていった。フェルトセンスははっきりした感情ではなく、「なんとなく」感じられて、そこに意味が含まれている。「この映画好きだな」という人に、「どのように好きなのか」という意味は「なんとなく」感じられていて、明確な言葉にまだなっていない。「なんとなく」は意味を「含意している」と言うことができる。

「スリルがあるから好きなんだ」といったように、含意された意味は、それを適切に表現することができる言葉によって明らかにされる。明らかになった意味は「明在的」な意味の側面と言われる。含意された意味の側面は「暗在的」な側面と表現されている。

池見(2013)によると、フェルトセンスは「なんとなく感じる」という感覚を言う用語であり、フェルトミーニングは「なんとなく伝わってくる意味」を言うものである。

他方、「私は怒っている」という場合、「怒っている」という明在的な側面だけが語られている。明在的な側面だけが際立っている「感じ」のことを本書では「感情」と呼ぶ。感情の特徴は、それが単一焦点的だということである。この例の場合は、「怒っている」という一つの焦点しか感じられない。ここが、多くの暗在的側面を含意するフェルトセンスと感情のはっきりした違いである。往々にして感情には強度がある。あるいは、「距離が近い」という表現も可能だろう。

心理療法では感情よりもフェルトセンスの方が重要なのである。フェルトセンスに含意される意味を明在的に言い表していくことによって変化が生じるからである。

どんな感情にも、その背景にはフェルトセンスがある。「不安」という感情の場合、「試験を受けるのが不安」「悪夢を見るのが不安」というように、実際の不安の感じ方は異なるはずである。それが意味している感覚はそれぞれに存在していて、異なるフェルトセンスとして体験されている。従来の心理療法は「感情」の方に注目する傾向があった。心理学の調査研究などでも、把握しやすい感情が注目され、フェルトセンスはあまり取り上げられなかった。最近はフェルトセンスとのかかわり方に注目する質問紙尺度も登場しており、<感じ>に触れて生きることの健康上のメリットも徐々に明らかになってきている。

 「感じる」という過程は<からだ>に感じられるものである。フェルトセンスの一つの特徴は、それは<からだ>に感じられるというものである。それは局所的な解剖学的・生理学的事象ではないために、本書では<からだ>というひらがな表現に統一する。

 良質な思考では「感じる」と「考える」は融合している。「深く考える」とはアタマだけで考えるのではなく、<からだの感じ>と照合しながら思考するということではないだろうか。

 感情は「不安」や「怒り」などとはっきり言葉やコンセプト(概念)で表すことができる。フェルトセンスとして「感じる」ものは、はっきりと言葉で言えない、前概念的なものである。<感じる>は前概念的であるから、それはまだ「意味」になっていない。「なんとなく好き」には意味がないのではなく、その「なんとなく」を言い表すと、多くの意味が現れてくるだろう。

 人が「私は悲しい」と概念的に決めつけているときには、「悲しい」という概念のフィルターを通して世界を体験してしまう。そうすると、何を見ても悲しい感情が起こっている。これは「凍結された全体」と呼ばれている(ジェンドリン、1964)。しかし、実際に生きている現実は一瞬一瞬で異なり、新鮮である。これらに気づくためには、瞬間瞬間に「何を感じているのか」に目を向けなければならない。すると、そこには「悲しみ」以外にも豊かに体験されている状況があることが感じられてくる。その意味でも、概念形成される以前の瞬間瞬間の「感じ」に触れることが心理療法では重要なのである。

 人が感じていることをはっきり言えずに言いよどむのは、何かを我慢しているからとか、何かを防衛しているからではなく、人の「感じる」という体験がそもそも持っている「前言語的」性質によるのである。

 人はある状況に「悲しみ」を覚えたり、ある関係に「ワクワク」する。それらは人の「内面」や「性格」の顕れではなく、状況なのである。人は内的世界を介在して現実世界にかかわるのではなく、ダイレクトに現実世界を生きている。「感じ」は「いま、ここの現実世界を私が生きている」という生の感覚であり、それはハイデガーの用語で言うと、「世界-内-存在の一様式」である。

 <感じる>はいつも精密な未来への方向性をもっている。しかし、一般的に人は<感じ>の原因は過去にあると考えがちである。人は自分が感じていることの「原因」を探すことが多いが、感じていることそれ自体は過去の原因によってできているのではなく、むしろ未来の生き方を示す「心のメッセージ」(池見、1995)なのである。

フォーカシングではなぜ<からだ>で直接的に感じられることを大切にするのだろうか。それは、話し手やクライエントが話題として取り上げたい状況について最も精密に知っているのが、状況と直接的に相互作用している<からだ>だからである。言葉でその感じを言い表そうとするのは、言葉が状況とかかわりあうことで、あいまいではあるが確かに感じられている状況の意味を、より精密に理解していけるからである。言葉と状況のあいだのこの精密で創造的なかかわりのことをジェンドリンは、「交差」と呼ぶ。状況と言葉が交差するとき、そこに新しい意味が生まれる。

すぐにはうまく言葉にならない、そのあいまいな質感、「その感じ」を、言葉と交差させていくことによって、その意味はより精密になっていく。心理療法とは、状況の繊細な複雑さについて、メタファーを手掛かりにセラピストとともに焦点を当て、そこにとどまり、あるいはともに歩んでいくプロセスである。(P66

ロジャーズは彼自身のリスニングを初めて公開した直後、それが「オウム返しの技法だ」とバカにされたことを気にして、それについて詳しく解説しないようにしていたと後になって回想している(19801986)。実技としてどのように聴くかというよりも、彼のリスニングや心理療法はどのように特徴づけられるのかといった視点で、聴き手の「態度」を挙げ、それを研究した。しかし、リスニングの実際については、門外不出になり、門下ではジェンドリンが「リスニング(傾聴)の手引き」を著作「フォーカシング」(1981/2007)のなかで公開した。

聴き手は、クライエントの体験が推進していくように、どんな応答をしているのかというと、まず、リフレクションである。クライエントがリスナーの応答によって反射され、映し出された自分の姿を見て、自分の生きざまを振り返って観る、という作用を促す。

 己を知るためのリフレクションに加えて、誠実に感じていることを伝える他者との出会いが必要である。ロジャーズは自分の「理解を試す」ように応答していたし、後に「プレゼンス」という術語を用いて、聴き手に直観的に浮かんできたことを話し手に伝えることについて解説している(1980)。聴き手は単に「リフレクション」を用いて応答して話し手の姿を映し出しているのではなく、話し手の体験を追体験しながら聴いている。そして、ときにその追体験を話し手に伝えることで、聴き手自身と話し手が交差しているのである。

 話し手の体験と聴き手の追体験を重ねるなかで体験が豊かになり、新しい体験が展開する。その展開が「新しい」体験であることが強調されなければならない。なぜなら、人が体験していることには、すべて過去に原因があると考える一般的な傾向が強いからである。フロイトの時代から、そこにあるはずの感情などが不在の場合、無意識の働きだとされてきた。しかし、「無意識に抑圧されていた」というのも、また新しいストーリーなのである。そのストーリーでは、今までなかったことを説明するために「無意識」という概念を用いている。この場合の「無意識」は実体や「層」ではなく、説明概念である。

 ♢ジェンドリンによる「リスニング(傾聴)の手引き」

1)話している最中にフォーカシングという過程が話し手の中に起こるようにする援助方略(2つある)

1-1(絶対傾聴)聴き手は理解したとおりに、話し手の話の要点を、順を追って伝え返し(say back)していく。頻繁に傾聴では話し手が「言ったこと」を伝え返すのだと誤解されているが、ジェンドリンの解説では「聴き手が理解した通りに」となっている。十分理解していないのに、話し手の言ったことを録音装置のように「オウム返し」するのは誠実な関係とは言えない。理解できていないところは「わかりません」「もっと話してください」などと表明する最初のうちは、話し手が使った言葉をそのまま伝え返すことが効果的である。

話し手が感じていることを正確に理解できるようになると、今度は話し手が表現しきれていないものを指し示すようにリフレクションの応答をする。このとき、必然的に言葉は話し手の言葉とは違ってくる。応答は話し手の発言に暗に含まれている意味、あるいは「感じられた意味」または「個人的な意味」を明らかにする。

例)

話し手 「彼の散らかった部屋の机の上に散乱しているガラクタみたいものを全部、メチャメチャにしたい気になるんです。もちろんそんなことはしないですよ。絶対に、絶対に、家族がいるところでは…」

聴き手 「あなたは暴れたい、でもそれを我慢している」

 

暗在的側面について正確に感受するには、「追体験」が不可欠である。視覚イメージ、身体感覚や動作まで瞬時に追体験して、「暴れたい」とか「我慢」という表現を見出す。

 

ロジャーズは「共感的理解」の定義を晩年にアップデートしている(7580年)。その中で「共感を概念的にとらえると、それは繊細なものなのだが、それを現代人の完璧にわかってもらうように伝えることができる」とし、ジェンドリンの「リスニング(傾聴)の手引き」を引用して解説している。

 

1-2(フェルトセンスが感じられるようにする応答の仕方)

 絶対傾聴をしていても、話し手は具体的な出来事を伝えることに終始していたり、感情に巻き込まれているようであれば、「フェルトセンスを導く応答」が必要となる。「ちょっと待ってください」などと、聴き手は話し手の発言を遮るときがある。低体験過程レベルの様式に移行していくのを食い止めるためである。そして、その内容にまつわる<感じ>すなわちフェルトセンスのところに立ち止まって、そこから何が浮かぶのかを待つように促す。

例)

聴き手「ちょっと待ってくださいね。暴れたい、我慢している、腹が立っている、何かそんな複雑な感じがあるのですね。そこで立ち止まって、静かにその複雑な感じを感じてみましょう。」

2)聴き手の話し手に対する気持ちや反応を利用する援助方略

話し手の話が<感じ>すなわちフェルトセンスに触れにくい場合、聴き手が話し手に対して感じていることや話し手に対する反応を応答に利用することができる。この援助方略では、聴き手が応答に用いる「気持ちや反応」は話し手についてのものであると限定されている。ジェンドリンの解説では、このような応答をするとき、必ず、聴き手が感じたことや聴き手の反応を質問形式にして話し手に提示するようにと注意が記されている。そうでないと断定的になるからである。

例)

話し手 「え~、息子の不愛想な顔が浮かんできて、朝、起こしてくれと言うから起こそうとしていたら、「もう」「畜生!」とか怒鳴りながら起きてきて私をにらみつけるんですよ。起きた後も、私と顔を合わせないんですね。何も言わないし、挨拶ひとつしないんです」

聴き手 「息子さんとかかわるのはとても辛い。お聴きしていて、そんなふうに私は感じたんですが、どうでしょうか?」

 

 3)相互作用という援助方略

第二の方略は、聴き手が話し手について感じた気持ちや反応を用いることに限定されていたが、第三の援助方略は、聴き手自身が感じていることを応答に用いる。ジェンドリンは「相互作用(やりとり)の中で暗に起こっていることを明在的に伝えましょう。そして、それについてどう感じているかも伝えます」と解説している。

例)話し手 「う~ん、どうしたらいいですか?」

聴き手 「そういわれると、私は困ってしまいます。困っているのは私の気持ちで、う~ん、なんだか、あなたが私に頼っているように感じて、依存的な感じがするんですよね。でも、そうなると私は困ってしまうのです」

 

4)グループ(小集団)での相互作用という四つ目の援助方略は、この「手引き」が書かれた時期に、ロジャーズがエンカウンター・グループを、ジェンドリンは「チェンジズ」というグループを実践していたことが背景にある。感じていることが適切にプロセス(処理)されることが重要であると仮定されている。適切に処理されるとは、嫌なことを言い合うのではなく、フォーカシングという過程が生じることである。会議や種々の小集団活動において、ジェンドリンの説く傾聴ができれば、社会に大きな差を生みだすだろう。

 (教示法としてのフォーカシングを解説したあと、「フォーカシングでは何が起こっているのか」と題して)体験過程が動いていくさまは、無意識だったものが意識化される、という古典的な理論の枠組みによって説明されるものではなく、「体験・表現・理解が循環している」とみるほうが正確であるように思われる。ジェンドリンは、ディルタイの解釈学的循環をカウンセリングの基盤となる理論として用いている。

 ♢ロジャーズとジェンドリン:アップデートしていく傾聴理論

 ロジャーズが心理療法の「中核3条件」の中で最も重視したのが➀「自己一致というか誠実さ」(congruence or genuineness)である。Genuinenessは、従来の日本語訳では「純粋性」となっているが、「嘘、偽りのない本物の一人の人間である」ことを意味するので、「誠実」という訳(福島、2015)が最も適切だろう。②無条件の肯定的まなざし、というか、(一人の人間として)認めている(unconditional positive regard or acceptance)。従来の訳語では「認める」は「受容」になっていたが、池見には「受容」の「受」の部分に重たいニュアンスを感じて、「認める」と訳すことを好んでいる。③共感的理解。クライエントの体験を、あたかも自分が体験しているように感じることをロジャーズは「共感」と表現している。

 フェルトセンスに注意を向け、そこに感じることを言葉にしていくことを<フォーカシングという過程>と言うのならば、ロジャーズが誠実さとして説明していることは、セラピストが持続的にフォーカシングをしながらクライエントに接することなのである。

「絶対傾聴」では、話し手の言葉通りにリフレクションするのではなく、話し手が本当は伝えようとしていた「個人的な意味合い」、ジェンドリンのいう「暗在的な意味」「感じられた意味」を理解して、話し手が伝えきれていない意味合いを言葉にして伝えるのである。まったく同じことをロジャーズは中核3条件で「共感的理解」と表現し、ジェンドリンは「絶対傾聴」と表現しているのである。

 ロジャーズが1950年代には「官感的内臓的経験」と呼んでいた、意識から否認されたものは、80年代には「人の中にある体験の流れで、それは生理的で人はそれを意味の根源として参照できる」となっている。それはジェンドリン哲学の「レファレント」(照合体)である。つまり、フェルトセンスにアップデートされているのである。80年代にロジャーズによる理論はフォーカシングにたどり着いたと言える。ロジャーズが自ら「(共感)は有用なレファレント(フェルトミーニング・フェルトセンス)にフォーカスするように援助し、そしてもっと豊かに意味を体験し、体験過程を前に進めることである」と書いている。

 ロジャーズの上記引用部分は75年に最初に書かれている。ジェンドリンの「フォーカシング」は79年に発行されていて、「手引き」は数年前から存在していた。つまりロジャーズがジェンドリンのフォーカシングに合流してきたのは7475年ごろであると特定できる。ロジャーズを解説する多くの書物が、著名な57年の論文「人格変化の必要にして十分な条件」を解説するために、傾聴とフォーカシングが別ものに映っているが、75年以降のアップデートされたロジャーズの著作に目を向ければ、この二つが合流していることがわかる。

 「こころのメカニズム」「こころの構造」「原因」-心理臨床学はこのようなことにこだわりすぎているかもしれない。「こころ」と呼ばれるものはメカでないから、メカニズムもない。原因や構造ではなく、実際に<感じられている>ところに立ち帰る、というのが本書のアップデートなのだ。

 ロジャーズ自身による75年のアップデートを、池見は心理臨床学やカウンセリング心理学の教科書で見たことがない。なぜか。75年の「共感的理解の再定義」を理解するためには、ジェンドリンによる「リスニング(傾聴)の手引き」とフォーカシングを理解しておく必要があった。日本の多くの教科書が、ロジャーズのカウンセリングとジェンドリンのフォーカシングを別々のものだと決めつけているので、この結び目が理解できなかったのではないか。

ちょっとガイドの手順(1)(2)大澤美枝子さん作成資料

  • 投稿者: 上村英生
  • 2015年10月 5日 19:51

   ちょっとガイドの手順(1)     

― 初心者のためのやさしいリスニング ―        

[ 準備 ] ・ からだほぐし

・ チェッキング(ウォーミングアップ・からだしらべ)

・ クリアリング・ア・スペース(こころの整理・自分の整理) 

・ 問題を1つ選んでおきましょう。

(ワークショップでは、ここまではトレーナーが全体ガイドですませておく。)

* まずリスナーが落ち着いて始められる感じになったら声をかける。

 

導入   からだを楽にしましょう。

からだの内側に注意を向けましょう。

からだの中心部分に焦点を当てるような感じでいましょう。

よかったら、始めましょうか。

問題(話題)を1つ選んで短く言ってください。

(F:「○○について」と伝える)

  (Lは伝え返して)

そのことを思い浮かべると、どんな感じがするかなぁと聞いてみましょう。

あるいは、気持ちに触れながらゆっくり話してもいいです。

          (あまり間を空けないで次へ

 

プロセス   このあとは、フォーカサーがセルフガイドで進めます。

フォーカサーはできるだけ言葉にしてリスナーに伝えてください。

リスナーはできるだけ全部伝え返す

             フォーカサーもリスナーもなるべくからだの内側で、実感で受けとめてから、 ゆっくり言葉にしてください。(半歩さがってよりそう態度で)

 

終わり     あと3分くらいです。

  (約5分)     フォーカサーは声に出して伝えながら、終わりに向けていきましょう。

リスナーは、このあとは伝え返しません。(2分くらい待つ。)

         ・ ゆっくり終わりにしましょう。今の感じを覚えておけるように、何か短い言葉かイメージにしておきましょうか。(出てきたら、伝え返す)

          ・ しばらく静かにしていましょう。(1分くらい)

・ では終わりましょう。(1分くらい)

しばらく2人で静かにしていましょう。(1分くらい)

 

ふり返り ]  FもLも、リスニングについてふり返りましょう。

(約10分)    2分間、だまってそれぞれ自分の中でふり返る(ノートをとってもよい)。   

  2分間、それぞれが伝え合う(相手はただ聴いている)。

4分ほどお互いに話し合う。

                  (フォーカシング・プロジェクト資料 20144 修正)

   ちょっとガイドの手順(2)≫   

* ワークショップでは、[ 準備:からだほぐし、チェッキング、クリアリング・ア・スペース]までは、トレーナーが全体ガイドですませておく。

* 練習の場合、「導入」+「プロセス」の時間を計算して全体の時間配分を決める。

   まずリスナーが落ち着いて始められる感じになったら、声をかける。

導入   からだを楽にしましょう。

からだの内側に注意を向けましょう。

からだの中心部分に焦点を当てるような感じでいましょう。

よかったら、始めましょうか。

問題(話題)を1つ選んで短く言ってください。

(F:「○○について」と伝える)

  (Lは伝え返して)

そのことを思い浮かべると、どんな感じがするかなぁと聞いてみましょう。

その感じとしばらくいっしょにいてみましょう。

あるいは、気持ちに触れながらゆっくり話してもいいです。

          (あまり間を空けないで次へ

プロセス このあとは、フォーカサーがセルフガイドで進めます。

フォーカサーはできるだけ言葉にしてリスナーに伝えてください。

リスナーはできるだけ伝え返す

             * 場合によっては、選んで伝え返す

 * フォーカサーは、必要ならリスナーに注文をつけましょう。

(フォーカサー・アズ・ティーチャー)

フォーカサーもリスナーもなるべくからだの内側で、実感で受けとめてから、 ゆっくり言葉にしてください。(半歩さがってよりそう態度で)

注: リスナーは、下記の部分を意識して練習する。何を練習しているか気づいていること。

   ①②③のどれを練習するか、あらかじめフォーカサーに伝えておく。

    できるだけ全部伝え返す

    だまって聴いている

   選んで伝え返す

終わり     あと3分くらいです。

  (約5分)     フォーカサーは声に出して伝えながら、終わりに向けていきましょう。

リスナーは、このあとは伝え返しません。(2分くらい待つ。)

         ・ ゆっくり終わりにしましょう。今の感じを覚えておけるように、何か短い言葉かイメージにしておきましょうか。(出てきたら、伝え返す)

          ・ しばらく静かにしていましょう。(1分くらい)

・ では終わりましょう。

しばらく2人で静かにしていましょう。(1分くらい)

ふり返り ]  FもLも、リスニングについてふり返りましょう。

 (約10分)    ・2分だまってふり返り、ノート ・2分ずつ伝え合い ・5分話し合い

                  (フォーカシング・プロジェクト資料 20144 修正)

大澤さんのフォーカシング集中訓練終了

  • 投稿者: 上村英生
  • 2015年9月27日 20:56

 2015年秋の大澤美枝子さんによる、ワークショップ、教育フォーカシング、トレーナー養成訓練が終わりました。シルバーウイークを中心に、9月19日から27日までの9日間中の8日間、連日、聴き手であり教師役を務めてくれた大澤さん、ありがとうございました。

 教わったものは、非常に大きいと感じています。大澤さんは、ワークショップでフェルトセンスというフォーカシング用語をほとんど使わずに説明しました。話し手のときは自分を意識して、自分の本当に話したいことを話す。聴き手のときは、間をとる、ゆっくり進め、大事な言葉はしっかり、くっきりと伝え返す。内側に二つの部分がでてきたら、話し手、聴き手ともそれに気づいて進める。「かな~」という自問自答の言葉を大切に伝え返すことも学びました。要は、フォーカシングは、話し手、聴き手とも、自分の心の実感=からだの感じと対話しながら、言語化していくことだからです。聴き手のすべてに気づいているマインドフルネスの態度や、半歩下がって寄り添う姿勢も、体験として練習することができました。

 否定的な感情に巻き込まれ、それと一体化しないように、プレゼンスの状態でいるコツも、一息入れて間をとるとか、聴き手は話し手の否定的な言葉に続いて語られた肯定的な部分だけを伝え返すとか、いろいろあると学びました。

 今回の一連の訓練が、札幌フォーカシングプロジェクトの再生につながってくれるといいと念じています。会の発足から15年目に入り、常連メンバーが高齢化しているので、引き継いでくれる方々の入会、見学をお待ちしています。

 少しずつ、学んだことを言葉にしていきたいと思います。

過去の記事の索引

ホーム

検索
購読

ページの先頭に戻る