ホーム

勇気100%

「定年準備 人生後半戦の助走と実践」を読んで

  • 投稿者: 上村英生
  • 2019年1月14日 16:40

 ベストセラー「定年後」の著者である楠木新さんが書いた。中公新書で、新聞の書評で知って年末読んだ。

 地域活動では、無理なく続けられるものに取り組むのがヒントである。過去に培った能力やスキルより、もともとの自分の向き、不向きがポイントになるという。

 会社員から転身した人のインタビューを通じて著者がわかったことは、自分で探すというより、むしろ、むこうから呼んでもらうと思える場面に度々接するという。手の届く身近な先達たちの足跡をたどる作業が重要になる。在職中に大学院で修士号や博士号を取得して、大学や専門学校、研究機関に転職する例もある。自分の進むべき道の見えていないときに、多くの人は資格の取得など、能力アップで解決を図ろうとする。しかし、自分が属している組織の外の人の生き方に刺激を受け、ヒントを得ることが、思いのほか重要だという。

 老年期には、いつ死の側に回っても、次の生に活かすという実感を持てることが心の安定につながりそう、という意味で、若い人に何かを与えること、伝えることを検討すると、自分を助けることになるかもしれないという。定年後に元気な人は1割5分という中で、元気な人は大学などで若い人に教えているなどの例を挙げている。

 最後に定年準備の行動として、趣味の程度にとどめず、わずかでもお金を稼ぐことを目指すことで、自分の力量のアップにもつながると説く。会社のお金ではなく、身銭を切ることも定年準備の主体性を持つことの第一歩になるともいう。自分を変えようとするよりも、あるがままの自分をどこに持って行けばよいのか検討するほうがうまくいく、自分が役立つ場所探しを勧める。

「心理臨床講義」(金剛出版、2015年)を読んで

  • 投稿者: 上村英生
  • 2019年1月10日 22:33

 村山正治さんから贈呈された本です。「札幌フォーカシングプロジェクトというコミュニティ、多様性が素晴らしいです。福岡人間関係研究会と共通点が多いです」と、添え書きされていました。この本は、大正大学カウンセリング研究所の50周年に村山さんと平木典子さん、村瀬嘉代子さんという日本を代表する心理臨床家3人を招いて講義してもらい、3人にインタビューもして、まとめられました。

 村山さんは、自己実現について「自分にないものを押し付けるのは自己実現ではないと思っています。自分にあるものを大事にすることが自己実現と理解している」と語りました。質疑では、PCAGIPで学んでいることとして「今、何が必要かを知っているのはやはりクライエント」であり、クライエントの要求してこないことに余計に助けようとしないほうがいい、と述べています。

 インタビューで村山さんは「今の自分では駄目だととらえて、モデルを高くもつのは非常にまずい。実は自己実現とは、今ある自分を大事にすることなんです。自分の持っている資質を活かすのが自己実現なので、違う人間になることではない。それはロジャーズも言っています。人間は今の自分を受け入れられない限り、絶対変わらないと言っています」と答えました。

 日本の若者の自己肯定感の低さに関連して、村山さんは「僕がフォーカシングを学んできて思うのは、やっぱり日本はコンセプトを重視しすぎです。自分の実感を大事にできない文化がある。フォーカシングのいいところは、コンセプトと自分の実感のずれを修正するのが基本というところです」と話しました。さらに、学校ではコンセプトばかり注入され、フォーカシング的に絶えず「やっぱりそれはおかしいと思う」とか「俺は納得してないな」とか、そういう実感に目を向けることをさせない。「自分の感触を大事にしない。それも自己肯定感の低さにつながっている」と述べています。

 このほか、村山さんの言葉で覚えておきたいことを羅列します。

・葛藤は解決するものではなく、抱えていくものです。自分の体のなかで、全体で抱えていたら、体が答えてくれるようなものです。葛藤はあってはいけないとか、解決しなければいけないとみんな思いすぎているんじゃないか。葛藤や迷いを持つことを認めないことがむしろ僕は問題あると思う。

・葛藤は、その人の人格が必要なことを背負いこんだものととらえた方がいい。だからそんなに焦ることはない。むしろ、葛藤をどう抱えていられるかをサポートすることが大事だというのが僕の持論です。

・今の世界の風潮は解決志向だから。でも、あればあやしい言葉だと僕は思っています。

・発達障害の人たちだけの場を作らない方がいいような気がします。神田橋(2010)じゃないけれど「人間みんな発達障害」。人間みんな違いがあって当然だという考え方です。

・二分法という手法はこわいです。結局は戦争しかなくなってしまう。コンテント(内容)を問題にする限り何も解決しない。宗教戦争のそれぞれの論理と教義を話していても何も解決しない。自分が正しいことを言うだけになる。だけど、あのビデオ(ロジャーズの世界平和のエンカウンター)を見ていていいなと思うのは、個人の気持ちの話になるとまったく人類共通になってくることです。

 最後に村瀬嘉代子さんの講義で、何度もかみしめている言葉があります。「時所位」の感覚です。今、どういう時に生きているのか、今、何歳で自分にとっての時間はどうなのか(時の感覚)。次に、自分がいるところはどういうところなのか(所の感覚)。そして、自分がどういう位置づけなのか。自分は相当の責任を背負っていて、言い訳などしないで、ことに当たって処すときは、覚悟を持ってやらなくてはいけないのか(位の感覚)、というようなことです。

「期待とあきらめの心理 親と子の関係をめぐる教育臨床」を読んで

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年12月29日 21:51

  京都教育大教授で、日本フォーカシング協会次期会長の内田利広さんが博士論文を基に書いた。もとをたどると修士論文が基礎になっており、その指導をしたのが当時、九州大学の村山正治さんで、村山さんの「面白ね」の一言がなければ、この本は生まれなかったという。2018年秋に村山さんに札幌をお招きし、日本人間性心理学会でこの本を買った私にとって、何重の意味でも必読の書だったと言えるかもしれない。

 内田さんは、大学の教育相談室で不登校などの相談に長く携わり、親の話をよく聴き、その子供に対する操作的期待が変化することで、子供が登校を始めるのを見てきた。親が子供を自分の思い通りにコントロールしたいという期待が、そうできない子供側の理由が明らかになることで、あきらめに至ると、親子の関係が変わっていく。「あきらめ」には、プラスイメージの「明らかになる」とマイナスイメージの断念する「諦め」の二つの語源がある。「操作的期待」と「あきらめ」をキーワードに、不登校や障害児などの事例3つを挙げて、親子の心理プロセスを詳細に検討している。さらに、セラピストの適切な介入についても示している。

 学術論文が基礎になっているとは思えないほど、わかりやすく、読みやすい。思春期の子供の不登校や障害のある子どもの養育に悩む親に役立つ本である。

 この本では親の子供への操作的期待に焦点が当たっているが、内田さんは「操作性の起源を考えると、夫婦関係における配偶者への期待も考えられる。夫婦が結婚に至るプロセスや、その維持に関係するテーマともつながっていく」という。こうした今後の検討課題も示唆に富む。創元社、2014年。

「沖縄戦を生き抜いた人びと 揺れる想いを語り合えるまで70年」を読んで

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年12月26日 22:39

  沖縄大学の吉川麻衣子准教授が書いた。帯に「これは単なるインタビューではない。時を経て、場と仲間を得て、初めて言葉になった人々の想いの記録である」とあるとおり、珠玉のドキュメンタリーだと思う。

 私は新聞記者として戦後60年(2005年)に「戦禍の記憶」というタイトルで、戦争体験者へのインタビューを連載した。吉川さんも1999年から、これまでに約500人の沖縄戦体験者の聞き取りをした。ただ、1対1で聞くのではなく、体験者同士が同世代で語り合いたいという気持ちがあるのを知って、7つのグループを各地に設けた。約10年間の時間をかけてこの「沖縄戦を語らう場」が837回開かれ、出された話の中から、全員が掲載に反対しなかった体験だけを載せている。収録されたのは、本当にごく一部に過ぎない。語りたくない人には話すことを強要せず、語りたくなるまで待ち、場の安全感、体験者の安心感を何より重視しているところが、臨床心理学者である筆者らしいところだ。焦らず、せかさず、寄り添い続ける。時間に迫られて書く新聞記者にはなかなかできないことだ。

 文章もすっきり、スーッと読める。学術論文のイメージとは大違いである。語りをつむいでいくナラティブアプローチという点からも私は興味をもってこの本を手にした。

 沖縄戦で家族8人全員を亡くした女性(87)など、高齢で亡くなる前に、これだけは語っておきたい、という話がつづられている。出版前に先立ち、享年が書かれている人も多い。ぜひ、手にとって読んでほしい。2016年、創元社。

 

「傾聴の心理学 PCAをまなぶ」を読む

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年12月24日 21:33

  2018年度の日本人間性心理学会に出席した際、買い求めた。日本にPCAを紹介した村山正治さんを札幌に招いてワークショップを開いたこともあり、フォーカシングから学び始めた人にとっては、パーソン・センタード・アプローチ(PCA)に関心領域を広げるのに役立つ。

 編著者の坂中正義さんは、フォーカシングやPCAを網羅した最新論文のまとめを毎年公表しており、これにはフォーカシング協会ニュースレターに掲載された全記事も含まれる。学会のランチオンセッションで坂中さんの人間性の豊かさに触れたことも動機になった。また、ロジャーズとジェンドリンの二人のおじさんと子供たちが、昔の4人掛けの列車で同席したという想定の挿し絵がほのぼのとしているのに引かれた。

 パーソンセンタード・カウンセリングとは何か、第2章から抜粋する。面接において次のように現れる。日常からのモードチェンジとして、①ペースダウンしてこの場に身をおく。②日ごろは事実関係などの理解を優先しがち。事実も大事だが、気持ちをわかろうとすることを意識する。日ごろは解決や結論にとらわれがち。まず、わかろうとする③語りを聴き手の中で響かせる④確認する⑤待つ、急がない・ゆったり。全体の流れの中では、①半歩後ろからついていくことをベースに。②私見は控えるをベースに③プロセスを意識する-これらは、大澤美枝子さんから日ごろ指導されていることでもある。

 ロジャーズ理論を学ぶときの根本的疑問に「カウンセラーが答えを教えた方が効率的では」「解決策が欲しい人には役立たない」がある。これは、結果のみが重視され、至るプロセスは顧みられない社会のゆがみの象徴である。効率・能率的な視点と、見守る・待つという視点は、共に大切という多元的な見方ができない。この偏りへの警鐘が、現代社会のこころの問題として表現されている。

 第3章の「体験過程理論とフォーカシング」は、夢とフォーカシングで知られる田村隆一さんが書いた。その中に、ロジャーズのいう一致は、自分のフェルトセンスを尊重し、そこから発せられる言葉や態度が、みずからのフェルトセンスと矛盾していないことだと言えるとある。

 第6章の「パーソンセンタードアプローチを学ぶこと」では、重要なこととして「自分自身との対話をおぼろげながら身に着ける」ことを挙げている。自身との対話は意外を難しい。わりとありがちな「正しい自身との対話」という外側の基準にとらわれなくてもいいので、「おぼろげながら」としたという。完璧を目指さず、なんとなくこんな感じかなあ、で始めてみることを勧める。実習方法としては、自分の面接を繰り返し聴き、文字化していくプロセス自体に大きな意味があるという。

 エピローグにあるとおり、「体験」の意味がすぐわかることと、だいぶ後になって見えてくることもある。今、見えている意味が時とともに変化していくこともある。体験の見えてくるもの、変化を待ってみることも大切である。この本は、何度か再読すると、また、違う意味が見えてくるかもしれない。人生の体験でも同様だろう。創元社、2017年9月。

「マインドフル・フォーカシング」を読む

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年12月23日 22:19

  デヴィッド・ロームの「マインドフル・フォーカシング 身体は答えを知っている」(日笠摩子、高瀬健一訳、創元社)を読んだ。

  この本は2016年に出版されて話題になった。デヴィッド・ロームは2017年の神戸でのアジアフォーカシング会議に来日して、講演をしているので、直接、話を聴いた方も少なくないだろう。私はフォーカシングにひかれてSFPに来た哲学研究者、井本精一さんにフェルトセンスを教えるのに、この本を紹介し、自らも読んでみた。得るところが多かった。

 本書は、井本さんが専門にする生物学者マトゥラーナらを紹介して、生命は進行形の自己生成プロセスであると説く。

 「難しい決断をする」第15章では、人生を前に進めるとは、具体的な状況での決断によって、私たちの生命全体が進展し、私たちの基本的な健康や成長が促されることであるという。恐れや怒りなど否定的な気持ちを認識しなじんでおくことは、自己理解や賢明な決断や人生を前進さエネルギーへの王道だいう。恐れは、私たちの健やかさを守り、私たちの行動を導くために存在しているというのだ。感情と主たる自己との間の対話が必要で、その中で恐れの昔からの側面、おそらく時代遅れな側面がわかってくると、それが今にふさわしいものに変わっていくという。主たる自分は、少し後ろに下がって、フェルトセンスから自然に最良の決断が生まれるのを待つ。

 本書は、自分の過去に属しているとわかりはじめた事柄を優先順位から外して、現在や未来の家族や友人により深い価値を認め、人生が前に進んだ事例を取り上げている。

 状況全体を最も前に進める一連の行動を選ぶためには、洞察や確信が必要であり、それが生まれるのはやはりフェルトセンスからだという。

 3句目でフェルトセンスを表現する、俳句のコツも載っている。SFPの「ちょっと俳句ing」にも使えそうだ。何度も読み返して、人生の決断や日々の創造的な生活に役立てたい。

新しい事例検討法PCAGIPの開発と展望

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年10月17日 22:01

 2018107日、村山正治さんの話、札幌かでる27、上村メモ)

Ⅰ 経緯

Ⅱ 新しい視点・基本的コンセプト

 ①従来は事例提供者が出した事例を主役にする。PCAは安全感を大事にする。事例を出した人が納得するように。やってみると、「訓練ではない」という人がいる。これは訓練ではない。提供者を大切にサポートする。批判的要素を減らす。訓練は、こっちが正しい。それに当てはめる。

 ちなみに、調査は調査された人に意味がないとダメ。半構造化面接は、面接の深さで相手の答えは違うはず。深いところが出てくる、こっちの予想しなかったものが出てくるところがいい。

 ②場はコミュニティ。11人の体験ですばらしい知恵を出すことがよくある。みんなでやっている。最近は一人の専門家だけでやれるケースは少ない。治療というモデルは通用しない。せっかく大勢の人が来ていて、知恵を持っている。それをなぜ使わないんだ。それで救われることがたくさん起きている。話題提供者の気持ちがわかった人の知恵。

 ③参加者はリサーチの研究協力者。

 ⑥当事者モデルでは、当事者を理解するのが一番大事。心理療法で何か効果あるのかという研究で、クライエントの力、体験が40%、クライエントの期待が15%、セラピストがつくる関係が30%、セラピストのスキルが15%だった。クライエント側のファクターが大きい。セラピストのつくる関係では、共感的理解が一番高い。クライエントが「あのカウンセラーは私をよく理解してくれる」という時が一番。クライエント側の受け取りが大事。「理解」することを試みることが大事。当時者は自分に必要な援助は何かをよく知っている。支援の全体像を知ることにPCAGIPは役立つ。全体像が見える。顕微鏡派と望遠鏡派がいる。私村山は望遠鏡派。顕微鏡は精度が低い。クライエントが要求してきたことに、それなりに対応することが大事。それ以外は本人がやっている。図示するとわかる。臨床の人は意外とそれをやらない。例に挙げたケースでは、この人が専門家として役立っていることは、メールをきちんと送ること、それだけでいい。一人だけの専門家がかかわることが現代は少ない。

 ⑦結論よりヒント。従来パターンの解決というより、事例の見方が変わる。その人についての見方が変わる。たとえば、「3年かかるね」と言われて、事例提供者は焦っていたことに気づく。おさまるものが出てくれば、それでいい。複雑な事態こそ、あせってはいけない。抱えていく。ロジャーズ(1961)は「問題が難しい事例こそ、急いで解決しなくなる。当時者を徹底して理解することこそ役に立つ」という。やたらと解決してやろうとしないで一緒につきあう。東洋的な考え。長い目で見るとその方が効果的。

Ⅲ 手順 1)B51枚程度(200字ぐらい)の紙を用意する 2)メンバーが順に質問して、事例の状況を理解する。ひとりが発言を独占しないために、「順に」というのがいい。3)質問は、話題提供者の話を聴いて、聞いてみたくなったことをきく。記録係はポイントだけ白板に書く。4)二巡したら情報の整理をする。5)ファシリテーターもメンバーの一人なので質問もする。多様な視点が出てくる雰囲気をつくる。6)2時間程度で全体像が見える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村山正治さんの札幌での講演「私を語る」

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年10月17日 21:50

泉屋さんと.JPG

2018106日、かでる27、上村筆記メモ、写真はビジョンワーク休憩中の歓談

    *上村の耳で聞いた記録なので、文責は上村にあります

 Ⅰ 京大教養部・教育学部学生時代(19541958

 結論から言うと、「自己実現」より「11人が納得いく人生」を。この講演が、自分の納得いく人生を送る、一つの参考なり、ヒントになればいい。

 僕は84歳。僕が残された人生で何をやりたいか。21世紀は、自己実現の時代と思っている。日本の社会は反対の方向に動いている。いろんなことをやって、一人ひとりが納得いく人生を送るにはどうしたらいいか、考えながら皆さんと生きていきたい。

 卒論では、ロジャーズとピースワンガーの哲学の違いが、どうしても自分には必要だった。迷うことは非常にポジティブなこと。迷いが大切。迷いを安心して迷える環境をつくらないといけない。迷っている人を見守ってくれる人が大事。安心して迷える場をつくるのが教師の役割だ。

Ⅱ 京大大学院時代(19581963

 カウンセラーとして、研究者として生きる方向で実践と研究に動き出す。

 将来の方向が決まるというのは、すごくエネルギーが出てくる。本人が気づかないで変わることが多い。それから仲間がいた。ピースワンガーは理論だけ。僕が求めていたのは、生きる糧というか、ロジャーズは実践家だし、自分にフィットする哲学を提供してくれた。登校拒否の子のカウンセリングがうまくいった。最大の問題点は相談に来ない。親だけがくる。京大の相談室で精神科から、「この子は強迫神経症だからおまえやれよ」と言われて、不登校の中3の家に1年間に30回行った。ロジャーズの本も大事だけど、みなさん自分の実践から学んでください。二つの本があった。ロジャーズは統合失調症の病室に行って、何もしないでいる。「治すなんて考えちゃだめだよ。一緒にいること」だという。

 学校の先生は、予告しないで行く。僕はセラピーのモデルを訪問に持ち込んだ。「◎日の×時に行くよ」。逃げる自由も与えた。契約してやった。治す人でなく、一緒にいるんだ。

 訪問すると、出てこない。におい、何を感じるか。暗いな‥とか。自分の選択することがいかに大きいことか、自分の真価を自分で決めること。年賀状が今も続いている。学校に行くとか、症状にとらわれない。ご本人がどういう気持ちか。当事者目線と、社会目線を分けて考えた方がいい。当事者がどういう気持ちか。両方いる。特にカウンセリングでは、当事者目線が大事。

 精神の患者には病名をつけない。本人につけさせる。カウンセラーとして、やっていけるかもしれないという自信を得た。

 ロジャーズは、自分の経験が一番大事だという。何が必要かはクライエントが一番よく知っている。クライエントの考え方を信用する、信頼する。当事者が決めることを専門家がどう支援するか。生の経験は面白い。自分も変わらざるをえない。セラピーはクライエントとの共同作業である。

Ⅲ 九大教養部キャンパスカウンセラー時代(19671973

 統合失調症の学生が多い。簡単には治らない。トータルケアとうい考え方。薬が多いと、クライエントは勉強できない。治療ではなくて、支援という考え方でないと、仕事ができない。学内の友人を教えてもらい、学生と信頼関係をつくる。「今、あいつはパチンコ屋にいます」とか、学生の支援がないと務まらない。友人3、先生2、医者2、カウンセラー3とか、ケアマネのような役割。カウンセラーは支援する人、味方になる人というのを徹底した。難しいケースには支援がいい。続けて支援する。学生同士の援助力のすごさは、エンカウンターで知った。

 1968年ごろ、大学紛争と出合った。グループをつくって、人間関係を大事にする会は、一種の社会変革。ルールなし、会長なし、19671968年に福岡人間関係研究会を作った。だれでも参加できる。

 自分の欠点に振り回されないことが大事。スクールカウンセラー制度をつくるとき、自分にできないことが見えていたので、校長や精神病院長らに来てもらった。一人で抱え込まない。できないことは、ほかのできる人を見つけて、組織する。人の助けを借りることも能力。弱さの強さ、弱いことを認めることはそれで強くなること。

  京大で高坂先生は、「自分の人生は人に操られたとこがある」と言っていた。学術的業績も大事だけど、自分が納得する生き方をすることが大事と学んだ。人生無駄なことは何もない。そのとき役立たないことでも、あとにならないと、わからない。今やっていることを大事にして、自分の中で育てていく。

Ⅳ ロジャーズ研究所時代(19721973

 ロジャーズのパラダイムシフトは、(1)理屈でなくて、事実を示す、やったことを大切にする(2)従来のカウンセラーは問題を治す。カウンセリングの成功と失敗例を逐語で比べたら、どちらも問題解決していない。見方の違いが生まれると、成功していた。何が起こっているかというと、安全な環境で、その人の自己肯定感を高める。肯定的自己イメージが現れてくる。

ノーベル賞をとった本庶さんでないけど、ロジャーズやジェンドリンの理論も信じるのではなくて、一つの地図なんだ。地図は現実よりも古い。地図はどんどん変わらねばならない。仮説にはいろいろなメリットがある。見えなかったら、地図を変えればいい。仮説として受け取って、これはダメだなとか、ロジャーズのいいところは学ぶけど、自分でつくっていく。

 ジェンドリンがチェインジズという、エンカウンターとフォーカシングを使ったグループをやっているというので、これを見ておきたいと、手紙をかいたら、おいで、というので、行った。当時、ケネディ大統領の時代で、精神病院の改革が叫ばれ、病院に入れっぱなしにせず、地域でケアしろという、受け皿でもあった。週1回、フォーカシングとエンカウンターの会を開いていたのが気に入った。チェインジズのやり方は、社会を変えていく一つになる。そのあと、日本にジェンドリンを呼ぶことになった。

 フォーカシングでもエンカウンターでも、資格とか関係なくやれる。エンカウンターは、セラピーではなく、1960年代に起きたアメリカの市民運動みたい集中的グループ経験。畠瀬稔さんが学んできた。ロジャーズは一つのやり方。当時の米国社会のニーズだった。

 1982年、九州大で日本心理学会をやるときに、ジェンドリンを呼んで、招待講演してもらった。

 エンカウンターは、サードプレイス。心のつながりと安心感、いやしの場。できるだけその人がそのままでいられる。最初は合宿方式だった。「フォーカシング」の本のリスニングの手引きが、お互いを援助するために役立つ。ジェンドリンの作ったground rule for groups は、フォーカシングに近い。グループを信頼すると、グループが動いてくれる。福岡人間関係研究会は50年間も続いており、今は私と妻のマンションを場所に、13時間開いている。

ファシリテーターは、自分のままでいられるその場の雰囲気をつくる。エンカウンターグループで、仲間を得た、自分が変わった→いいところが見えてきた→自己肯定感を得た。自分の持っている良いもので生きる。自分にないもので生きろ、と日本では言われる。もっていないものはいっぱいある。Aは欠点は◎、Bは×、Cは▽という具合にだれでも欠点があるので、気にしなくなる。自分の欠点と距離がとれる。振り回されなくなる。エネルギーをいいところに使えるようになる。

 全体の状況を頭で考えるのではなく、自分のにおい、肌、フェルトセンスで感じることが、だんだんエンカウンターグループの中でできるようになった。人に助けてもらう。批判はダメ。①まず、私はあなたの良いところをここだと思っていると、いいところを探す→だんだんほどけていく。深い話ができるようになる。次に②私はこう考えているという。批判することが相手をよくすると日本人は思いすぎている。新しいエンカウンターグループでは、「こころの花束」(村山正治編著、「PCAグループ入門」に収録)というワークをしている。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

  上村注:「こころの花束」の目的は、メンバー1人ひとりの魅力、良いところ、尊敬できるところ、長所をお互いにフィードバックし、自己理解と自信を深める契機にすることにあります。進め方は、上掲書P232にあります。この本を村山さんは、ワークショップ後、福岡に戻ってから上村に送ってくれました。札幌フォーカシングプロジェクトの活動に生かしてほしいと気持ちと受け止めています。

「こころの整理」のやり方

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年9月 9日 17:22

  部屋の片づけをするときに同じようなものをひとまとめにして置くように、「こころの整理」をするときにも浮かんだこと、気持ちを一つずつ置くようにして紙に書いていきます。

1)まず、真ん中あたりに自分を表す言葉(「私」「自分」など)を書いて〇で囲みます。(これは省略しても構いません。また、書く場所は真ん中でなくてもいいです)

2)紙全体があなたの「気持ち」だと想像してください。

3)今、何か気になっていることとか、困っていることがあるかなあ?と自分に聴いてみてください。そして、浮かんだこと、気持ちがあったら、それをひとつ、紙のどこかに置くような感じで書きます。たとえば、「Aさんのこと」が気になっているなあ、と思ったら「Aさん」と紙のどこかに書いて〇で囲みます。

 今、何か寂しい感じがあるなあ、と思ったら「寂しさ」とか「寂しい感じ」とか名前を決めて紙のどこかに書くわけです。(その名前は自分が後でそのことだとわかれば何でもOK。たとえば、何かの記号やイラストなどでも構いません)。とても気になっていれば真ん中あたりに大きく、とか、むしろ隅の方だと落ちつくなあと思えば隅の方へ。など、何となくの感覚で、そのことや気持ちに合うような大きさで、ここがいいかな?と思う場所に書いていきます。

4)ひとつ書けたら、「ほかに何かあるかな?」と自分の内側にきいてみましょう。そして、また何か浮かんだら、そのこと(気持ち)の大きさはどのくらいかな?右の上の方に置く?それとも左のこのあたりかな?‥そんなふうにひとつひとつ出てきたそのことや気持ちをまた書いていきます。

5)思いついたことは、困っているようなことだけでなく、楽しみにしていること、大切にしたいこと、見た夢などでもいいでしょう。それもあなたの「気持ち」ですから。

6)それぞれにぴったりな色を塗ってみるのもいいかもしれません。

7)全部書けたかな?と思ったら、最後にもう一度紙全体を眺めてみましょう。今のあなたはそんな感じですか?

 コツはどんなものが浮かんできても、「ああ、そんな気持ちがあるんだね」「そのことが今、気になっているんだね」とそれをやさしく扱うことです。

 きっと、自分(の気持ち)を大切にする時間になると思いますよ。

 (著作:フォーカシングプロジェクト 笹田晃子)

クリアリング・ア・スペースのガイドの言い回し

  • 投稿者: 上村英生
  • 2018年9月 3日 21:25

 ・からだを楽にしてください。

・からだの中心部分に焦点を当てるような気持ちで

・「何か気になっていることはないかなあ」と聞いてみましょう。

・何か出てきたら、項目(名前)をつけて、声に出して言ってください。

 イメージでもいいです。そして、ゆっくりそれを確かめて、どこか自分の周りに並べておくようにしましょう。

・「もうないかなあ」と聞いてみましょう。

   (繰り返す)

・あと3分ぐらいで終わりの時間です。

 また、あるようなら、後で見ることにして、ひとくくりにして

 それもどこかにおきましょう。

 (1分ぐらい待つ)

 全部の項目をゆっくり確かめましょう。

 (リスナーは全部ゆっくり言う。フォーカサーは協力する)

 終わっても大丈夫な感じだったら、ゆっくり目を開けて、終わりにしましょう。

・ノートに書き留めてもいいでしょう。

(著作 フォーカシングプロジェクト 大澤美枝子)

過去の記事の索引

ホーム

検索
購読

ページの先頭に戻る