1年後

| コメント(0) | トラックバック(0)

国際会議から、はや1年・・・・・

 

あの頃と今では、

まったく違う場所で、違う状況のなか、違った生活をしている!

 

劇的な変化?!

 

自分の人生に、大きな影響を、受けた・・・??!

人生は、おもしろい。。。うん、おもしろいッ!!

 

予想できない人生を、楽しもう!

 

楽しんで、生きよう、、、、

そう思う、いま!!!

 

 

 

祭り!

| コメント(0) | トラックバック(0)

お祭りのような国際会議の5日間だった気がする。。。。。

ワクワクした準備期間。 あわてて荷物を詰めた前日のこと。 現実の生活を離れた夢のような淡路での

5日間。 いろんな箇所で、ポッ、ポッ、と飛び出る余韻の数々・・・行く前と行った後での自分の動き方の

違いに気付きながら、「やっぱり行って良かった。」 と思えることが今しあわせと思う・・・

 

行かなきゃ浴衣を着ることもなかっただろう・・・そういえば、上村さんの浴衣姿も似合ってたのに、すぐ

洋服に着替えてましたね、ちょっと残念、フフッ!

 

この”5日間”は人生の宝物・・・たくさんの人、人、人に感謝しつつ。。。

 

 

8月22・23日の2日間にわたり、得丸さんをお迎えしての 「TAEワークショップ」 でした。

TAEをもっとやってみたい、と以前から思ってた私には、今回のワークショップは、知りたかった事を知れ

た興奮で、心地よい酔いのなかにいるような感じを味わっています。

 

このワークショップで、TAEをもとにして各人が書いた詩をまとめた 『TAE詩集~8月の風~』 のなかで、

国際会議の期間中、連日、泉屋さんが前田さんとペアの総合司会として、【フォーカシング】に来ていると

いうのに落ち着く暇もなく奔走されている様子でいたときのこと、その身体の奥にあったもの?!を綴って

くれています。 泉屋さんの了解を得て以下に掲載します。

 

 

              『終えたくない終わり』

 

             みんなが楽しんでいるのが楽しい

               みんなが喜んでいるのがうれしい

 

             応える笑顔は 心に涙を

                温かい声は 背に電流を

 

             私のうれしさは 私だけのものではない

                私の笑いは 私だけのものではない

                  私の涙は 私だけのものではない

 

 

 

 「なかなかしんどいことでもありましたが、自分を支えてきたものの正体はこういうことかと思いました」 

と解説されています。 

この詩を読んだとき、おもわず後ろから抱きしめたい気持ちに駆られました。

(危なかったですね泉屋さん!)

 

というわけで、『国際会議参加者ブログ』 に是非、泉屋さんの詩を載せたくなり、いまここで、皆さんに

紹介することと相成りました。

 

国際会議での総合司会、お疲れ様でした、泉屋さん!!

お蔭さまで私は、のほほんどっぷりと、フォーカシングしまくることができたのです。 

本当にありがとうございました!

 

    感謝をこめて

 

 

                    以上、いま私が伝えたいこと、終わります。

 

 

「納豆は百回まぜると、ネバネバが栄養的に良い。」 ことを篠原さんから教えてもらい、忘れなかった時

 

には、百回まぜてます。たしかに、イイねばねば感になります。

 

ウェスティンホテルの 『朝バイキング』 で、二本の箸を片手でがっちり握りしめ、まぜまぜ百回。

 

最後の 「百!!」 だけ声に出して数えていた篠原さんを、時々マネしています。

 

これをやると、納豆が、イイ感じで美味しくなります!

 

 

 

飛行機の席、行きも帰りも翼のすぐ横でした。白い翼の上に、ちょうど指を入れてつかまりやすいように

 

穴が2つ開いている、、、、、「黄色い取っ手」 がついていました。 取っ手・・エッジ・・・ハンドル・・・・

 

何かをつかみかけている、そんな気がして見ていました。もう少しで、何かをつかめそう。。。って感じだ

 

ったかなぁ~。 国際会議の、始めと終りにみた取っ手は、印象に残っています。

身体はひとつで、自分が出た出店以外にも、興味あるものはあり、もちろんそれは心残り。

あとは。。。

淡路に行く前にお話ししていた、「明石海峡大橋塔頂フォーカシング」 への興味は、初日、自宅を出る時

には全くなくなっていて、海に毎日通ったことで満足したり、まぁ、”高いところ願望”は、飛行機に乗っ

たり、ホテルの最上階、10階の部屋に泊ったことで満たされた感もあり、問題なしでした。

私の心残りは、自転車で、明石海峡大橋の下の道の駅に、いく途中でみた、『ナントカ?古墳』 の看板

を見て、でも、お昼までにはホテルに戻りたい!!とそのときは思い、看板の矢印を横目でみつつ、通り

すぎてきたこと、、、です。 すごく行ってみたかった!けれど、自転車のサドルが、ボルトがゆるんでた

ようで全体重を乗せると、前か後ろにサドルが傾くため、全体重をかけずにこぐ。という疲れるこぎ方して

いたことと、その日のお昼は、バイキングランチの「コッコラーレ」で、アンや大澤さんたちと、フォーカシ

ングプロジェクト同窓会をやることを聞いて、ぜひ参加したかったのもあり、ゆっくりな時間はなく、”古墳”

に行くことは断念したのでした。バイキングランチでは、全種類ケーキを食べ、同窓会も出られて良かった

のです。。。が、、、、

いまだに、あの時みた看板が頭に浮かび、「古墳はどんな感じなものだったんだろう!!」 と気になって

しまうのです。

 

私のこころ残り

| コメント(1) | トラックバック(0)

6月13日の例会で、皆さんさえ良ければ、篠原さんや林さんが体験したワークを発表して欲しいです。期間中出たいワークはたくさんありましたが、体はひとつなので...。私はその時の気分といいながらもすごく迷いそうだったので行く前に決めていったのですが、結果的にはほぼそのとおりに(なんと保守的な私)参加しました。だから、心惹かれながらも参加できなかったのがたくさんあるのです。ロケットで飛んでいった体験したい!

フォーカシングを全くしらず、興味もない人にどうやって、フォーカシングの魅力を伝えるか、は、とても難

しいと感じています。 

池見さんの文章から、フォーカシングが、あらゆる立場の人たちに広まってくれたら!!

そうなることを願っています。

 

5月15日の午後、 『異なる文化においていかにフォーカシングを用いるか:ビジネスにおけるフォーカシ

ングの適用』 Essler, Heidrun のワークでした。 その時もらったプリントで、「ビジネス文化において、

からだや感情を扱うワークを受け入れてもらうのは一筋縄ではいかない」 とありました。

ハイジ (ハイドラン・エスラーの呼び名) は、ビジネス界で、セールスやコーチング、その他のワークシ

ョップにおいて、フォーカシングを適用してきた自らの経験から、 「フォーカシングを少しづつ、目立たな

い形で紹介していくことが最善の方法であることを学んだ」 と言っています。その他にも、フォーカシング

を知らないビジネスパーソンへの、フォーカシングの適用の方法について、話していました。

この時間の、ノートに写したぶんをPCで打ってみたので、今度持っていきます。 

この時間の、ワークの流れが、わかるかと思います。 

 

池見さんの記事

| コメント(0) | トラックバック(0)

 5日の道新夕刊文化欄に池見さんの記事「フォーカシング国際会議を終えて 心の渇きに潤いを」が載りました。国際会議の途中で、思いつき、帰ってから池見さんと文化部デスクの間をとりもって、掲載にこぎつけました。写真は、私の撮ったものにいいのがなかったので、大沢美枝子さん撮影のカットです。内容については、できるだけ、フォーカシング、まして「セラピストフォーカシング」がなんたるかを知らない人にも、わかりやすいように、デスクと池見さん、私の間で何度もやりとりしました。

 それにしても、フォーカシングを全くしらず、興味もない人にどうやって、フォーカシングの魅力を伝えるかという仕事は、難しいなあと感じました。ただ、池見さんの文章から、フォーカシングが、広い意味での援助職の人たちに広まってほしいという願いが、伝わってくれればいいなあと思います。今の時代は、サービス産業の時代ですから、対人援助職と言っても、カウンセラー、相談員、看護職、教師、医師、介護職などにとどまらず、文章や広告コピーを書く人、レイアウトする人、ものを売る人まで、みんなに、うすうすとした「からだの感じ」に注意を向けることから生み出される何かを大切にすることが必要だと思うのです。

13日は、私にとって盛りだくさんでした。朝の集会で海と青い空を感じ、午前に参加した「内観法とフォーカシング」では、幼い頃にタイムスリップし、午後に参加した「TEAをアレンジしたやさしいワーク」でクリアリングスペース。充実していたけどへとへとでした。それで、翌14日は午後の「解決指向フォーカシング療法」に備えて午前は海へ繰り出しました。心を潮風で濯いで作戦は成功したかに思えましたが、午後の講座は自身のワークはなく、しかもモデルのセッションも参加していた皆さんの質問で中断してしまいました。バラさんのガイドの通訳を聞きながら、モデルの方と一緒にフォーカシングしていた私も中断して、ちょっと物足りなさもありましたが、気さくなバラさんの話(日笠さんの通訳)が分り易かったので、この講座に出られた事をとても幸運に思いました。うまくいった時を感じてそれが今どんな感じなのかを感じてみる“ダブルチェック”というのも教わりました。解決志向アプローチとフォーカシングの統合ですよとバラさんが言いました。それからは、私の中で、あるバランスをもって合わさった“統合”が意識されていたと思いましたが、これって国際会議のテーマである“和”のことでしたね。今気が付きました。13日は内観法との統合、TEAは帰納法との統合、14日は解決志向との統合といった具合に、統合講座を選んで参加していたようです。昨日、道新の夕刊に池見さんの記事が載りました。あの講座に参加して再度海と青い空を見たのでしたが、記事を読んで私の体験とあの時参加した皆さんと共有した空気が蘇りました。これについてはまたの機会に。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

最近のコメント

カテゴリ

ウェブページ